ポリス・ストーリー2 九龍の眼(1988年)

ポリス・ストーリー2 九龍の眼は、1985年に公開されたポリス・ストーリー/香港国際警察の第2弾です。

前作に引き続き、悪役との攻防や新たな敵も加わって、さらに大きなスケールに進化した香港アクション映画と言えるでしょう。
ではポリス・ストーリー2 九龍の眼のあらすじや見どころ、結末について紹介します。

ポリス・ストーリー2 九龍の眼のあらすじについて

前作でチュウを無事逮捕したものの、逮捕の際に街を破壊してしまったため、警察上層部に怒られチェン警部は交通課に異動させられてしまいます。

ですがチェン警部の彼女は、彼が仕事でもう危険な目に合わずにすむと喜び、2人はデートでバーを訪れます。
ですがそのバーで過去に自分が逮捕した人物と遭遇し、嫌がらせをされた事でカッとなり、喧嘩をしてしてしまいます。

前科者と警部が喧嘩という事で、警察上層部をさらに怒らせてしまった結果、チェン警部は休暇を取らされてしまいました。

休暇でチェン警部は彼女とタイで過ごす事にしますが、そのタイで爆弾を見つけ、事件に巻き込まれる事になります。

そして爆弾犯のアジトに警察の仲間と一緒に攻め込みますが、犯人は警察の裏をかいたので、逃げられてしまいます。

チェン警部の彼女が犯人に誘拐されてしまい、人質に取られてしまいます。
彼女を助けるために、チェン警部は爆弾を着させられますが、トンネルで爆弾を外す事に成功し、犯人を撃退し彼女を無事に救出します。

ポリス・ストーリー2 九龍の眼の見どころや結末について

前作はガラス・ストーリーと呼ばれるほどガラスのシーンが多かったのですが、今作は火薬による爆破シーンが多いのが見どころです。

特にアクションシーンでは、公園でのバトル魅せてくれます。
ストーリーだけ見ると、違和感を覚えるところはあるものの、製作途中でストーリーが弱いと監督ジャッキーが脚本を全面的に改定した事が原因のようです。

ですが相変わらず、無事に生きているのが奇跡としか言いようがないぐらい、ジャッキー・チェンのアクションが冴えわたる映画でした。

ポリス・ストーリーシリーズ作品情報