ポリス・ストーリー香港国際警察(1985年)

「ポリス・ストーリー香港国際警察」は、1985年に香港で公開された映画です。
普段は香港映画は観ないという人でも、ジャッキー・チェン監督主演のアクション映画は別という人は多いでしょう。
では「ポリス・ストーリー香港国際警察」のあらすじ、見どころ、結末について簡単に紹介します。

ポリス・ストーリー香港国際警察のあらすじについて

香港最大の麻薬組織を摘発するため、香港警察の会議室で会議が行われていました。
ターゲットは、麻薬だけでなく殺人にまで手を染めていまったチュウ・タオです。
会議から数日後、ジャッキー・チェン演じるチェン警部は、山奥の民家で張り込みをしていました。

張り込みでチュウの秘書であるサリナを逮捕する事が出来ましたが、その隙にチュウに逃げられてしまいます。
ですがチュウを追いかけ、バスジャックまでして逃げていたチュウをなんとか逮捕する事に成功します。

そして検察側の証人になる事で秘書のサリナは釈放される事になるますが、検察側証人の出廷を妨害するチュウの部下と、サリナを護衛するチェン警部との間で闘いが繰り広げられます。

ポリス・ストーリー香港国際警察の見どころと結末について

ポリス・ストーリー香港国際警察と言えば、ガラス・ストーリーと呼ばれるほど、ガラスが多数登場する映画です。

通常のアクション映画であれば、ガラスが割れるシーンは、怪我をしないように砂糖で作られた飴ガラスを使用するのが一般的です。ですがポリス・ストーリー香港国際警察では、飴ガラスを使用せずに、本物のガラスを使用しています。

だからこそガラスが割れるシーンは、迫力満点でアクションは鬼気迫るものがあります。
それもそのはずで、本物のガラスだからこそ、撮影中は怪我人続出で、ジャッキー・チェン自身もガラスで怪我をしたそうです。

また伝説のアクションと呼ばれるポールすべりのシーンは、地上3階から地下1回まで高さ30メートルを一気に滑り落ちるシーンは
凄いの一言です。絶対失敗出来ない1度限りのスタントをジャッキーは見事成功させました。

ポリス・ストーリーシリーズ作品情報