イップ・マン 葉問(2010年)

ブルース・リーの師匠としてその名を知られる、詠春拳の達人イップ・マン。
イップ・マンは架空の人物ではなく実在する人物です。
イップ・マン葉問はその半生を描く人気シリーズ第二作目。

実際のイップ・マンはこのような人物像であったと明確に思わせる主演のドニー・イェン。
イップ・マンは彼のハマり役と言っても過言ではない作品です。

イップ・マン葉問あらすじ

あらすじ、1949年終戦後イギリス領の香港。詠春拳(えいしゅんけん)の達人イップ・マンは妻と子を連れ香港へ移住をしていた。
以前は裕福だったイップ・マンでしたが戦争で財産を全て奪われ、今では家賃も払えない程貧しい生活を送っていました。
イップ・マンはなんとか家族を養おうと詠春拳の武館を開きました。

イップ・マンのその強さを知り、武館には次々と詠春拳を学びたいと門下生は増えて行きました。
しかし戦後間もない香港、門下生達も貧しく武館で学ぶための費用を出せずにいました。
ですがイップ・マンは費用の事は気にせず、門下生達みな平等に詠春拳を教えるのでした。

ある日門下生が、洪拳(こうけん)ホン師匠の弟子と喧嘩をしてその喧嘩が原因でイップ・マンは警察へ連行されてしまいます。
なんとか保釈されたイップ・マンでしたが、そこには新たな問題が。
それはこの辺りで武館を続けるには、武館の師匠達と勝負をして勝つという事。

イップ・マンは仕方なく師匠達に勝負を挑み、ついにあのホン師匠と戦うことになりました。
その対決は互角、決着はつきませんでした。ホン師匠はイップ・マンの力を認め、組合に入り毎月会費を納めるよう言いました。
しかしイップ・マンはその会費の使い道に納得できず、入会はしないと断ります。

組合の入会を断ったイップ・マン。イップ・マンは武館として使っていた場所を追い出され公園などで修業を続けていました。
そこへホン師匠が現れ以前息子を助けてくれたお礼にと、ボクシング大会のチケットをイップ・マンに差し出します。

イップ・マンと門下生達は大会へ行きましたが、イギリス人ボクサーのツイスターがホン師匠の門下生らを侮辱し、乱闘騒ぎになってしまいます。

イップ・マンとホン師匠も止めに入り乱闘騒ぎは収まりますが、ツイスターの振る舞いにホン師匠は腹を立て謝罪を求めます。
するとツイスターは自分と勝負をして勝ったら謝罪をすると言い、ホン師匠はツイスターと戦う事になります。
ホン師匠とツイスター、その戦いは互角でしたが連続で頭部に攻撃を受け、ホン師匠は命を落としました。

しかしツイスターはそれだけでは足りず、さらに挑戦者を求めました。
そこでイップ・マンはホン師匠のため、国のためにとツイスターに試合を申し込みます。

イップ・マンとツイスター、果たしてその戦いの結末は。

イップ・マン葉問見どころは?

見どころはやはり主演のドニー・イェンです。
このイップ・マンという役はドニー・イェン意外に考えられないのでは、と思わせるくらいのハマり役。
これは他のアクションスター、ジェット・リーやジャッキー・チェンでは成立しなかったのではないでしょうか。

ドニー・イェンはイップ・マンの詠春拳だけではなく、その人柄や内面まで非常に丁寧に演じられています。

イップ・マンシリーズ作品情報