イップ・マン 序章(2008年)

イップ・マン演じるドニー・イェン。名前を聞くだけではピンとこない方も多いのではないでしょうか。
しかしドニー・イェンは他のアクションやカンフースターに劣らない技術を持ったアクション俳優の1人。
近年ですとスターウォーズローグ1の盲目の戦士がドニー・イェンです。

また本作イップ・マンは実在した人物の話でシリーズ化もされており、ドニー・イェンの詠春拳(えいしゅんけん)の所作やその華麗な技は必見です。

イップ・マン序章あらすじ

あらすじ、1930年代の中国仏山(ぶつざん)。詠春拳(えいしゅんけん)の達人イップ・マンはとても優しく家族を大切にし、静かに暮らしていました。
ある日仏山に道場破りのカム・サンチャウがやってきて、町の武館の館長達を次々に倒して行きました。
道場破りのカムはこの町で一番強いのはイップ・マンと聞き、カムはイップ・マンに勝負を挑みます。

しかし相手は詠春拳の達人イップ・マンです。カムはあっさりと負けてしまいました。
こうしてイップ・マンの活躍により町はまた静かな町へと戻りました。

そしてそれは起こりました、1937年日中戦争の勃発です。
町はあっという間に廃墟となり、日本兵に占領されてしまいます。

静かに暮らしていたイップ・マンでしたが日本兵に家と財産を全て奪われ、妻と子を連れ貧しい生活を余儀なくされました。

それからイップ・マンは家族を養うためにと力仕事をしながら生活を支えていました。
ある日、仏山は武術の盛んな町だと知った日本兵が、武術対決をはじめその相手を探していました。
日本兵の三浦大佐、大佐は空手の達人でもあり武術家3人を相手に勝負をしました。

しかしこの勝負で友人と知り合いのリュウ師匠が命を落とし、イップ・マンは怒りを覚え日本兵と戦う事を決意します。
イップ・マンは日本兵10人と戦うと申し出、10人全てを倒しその場から立ち去りました。

イップ・マンの強さを目の当たりにした三浦大佐はイップ・マンを探すよう指示を出しますが、イップ・マンは見つかりませんでした。

その時工場に強盗に入った道場破りのカム、カムはまたもやイップ・マンの手によって負けてしまいます。
カムは負けたはらいせに、日本兵にイップ・マンの居場所を教えます。

そしてイップ・マンはついに日本兵に捕まってしまいました。
そこで三浦大佐に、日本兵に中国武術を教えてくれないかと頼まれます。
しかしイップ・マンは日本兵に加担する事を拒否し、三浦大佐と決着をつける事にしました。

ついに戦いははじまります。空手の達人三浦大佐と詠春拳の達人イップ・マン、その力はイップ・マンの方がわずかに上。

なんとか三浦大佐を倒し勝利を収めたイップ・マンでしたが、卑怯な日本兵によって鉄砲で撃たれるという結末を向かえます。
それを見ていた中国人達は、1人で戦ったイップ・マンを助けるため日本兵に向かって行くのでした。

そして長かった戦争も終わり一命をとりとめたイップ・マンは、妻子と香港に移住をしホテルの一室で詠春拳を教えるのでした。

イップ・マン序章の見どころは?

見どころはイップ・マンを演じるドニー・イェンではないでしょうか。
彼の見事なまでの詠春拳と、ハマり役とも言えるイップ・マンのキャラクター。
イップ・マンは実在する人物であり、あのブルース・リーの師匠に当たる人物。

イップ・マンはこういう人物だったのだなと思わせる納得の行く作品です。

イップ・マンシリーズ作品情報