DEATH NOTE デスノート the Last name(2006年)

「週刊少年ジャンプ」で連載されていた同名漫画の実写版です。名前が書かれると必ず死ぬ、そんな機能があるデスノートを死神リュークから受け取った青年、夜神月(やがみらいと)と、彼を追い詰める警察、そして天才探偵L(える)との闘いがあらすじです。なお前編として「DEATH NOTE」があり、tha Last nameは後編とされています。

前編のあらすじ

法曹界を目指す大学生の夜神月は、現在の法律に限界を感じていました。そんな時に黒いノートを拾います。触った瞬間に死神リュークが現れます。死なせたい人の名前を書けば、必ず死ぬ、そうした使い方を知ります。もちろん初めは半信半疑です。

恐る恐る犯罪者の名前を書いてみると、本当に死ぬ。デスノートの威力を実感します。そこから正義の名の下による私刑が始まります。世間からは救世主キラとして崇められますが、そこに立ちはだかるのが、父でもある刑事、そして天才探偵Lです。

第二のキラが現れる

前編では決着がついていません。そして最後の場面で第二のデスノートが登場します。それを持つのは、人気女性アイドルの弥海砂(あまねみさ)です。彼女はキラを信仰します。リアルな夜神月にも恋をして近づき、第二のキラとして一緒に行動を始めます。

とはいえ弥海砂は簡単に捕まってしまいます。その上、相手を見るだけで殺せる、そんな誤解から目隠しをされ手足を縛られ警察に監禁されます。夜神月は、秘密を話されたら困ります。そこで決死の救出劇を考えます。

弥海砂を救出できるか

見どころのひとつは、夜神月が弥海砂を救出できるか。そのためあえてデスノートを放棄します。その辺のトリックが見ものです。計画のあらすじを死神に伝え、釈放された弥海砂にデスノートを取り戻させて、Lを殺させようと企みます。

しかしLの方が一枚上手でした。デスノートに記載されたことは変更できない。そうしたルールを逆手に取り、先に自分の名前と死ぬ年月日を記載したのです。それによって最後まで息子を信じたかった刑事でもある父を説得し、Lは最後の勝負に挑みます。

結末は如何に

第二の見どころは、原作にはない結末です。警察やLに追い詰められた夜神月は、死神リュークに彼らの名前をデスノートに書くよう指示します。とはいえ感情のないリュークは「俺に頼るようならお前も終わり」と言って、夜神月の名前を書きます。そうして事件は結末を迎えます。

キラが死んだことは公表されず日常が戻ります。Lは静かに最期の時を待つのです。

デスノートシリーズ作品情報