踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年)

湾岸署史上最悪の3日間の見どころは、なんといっても不可解な事件に巻き込まれていくところです。青島などに感情移入しながら見ていると、不可解な事件に巻き込まれていく不気味さだけでなく、恩田、室井などとのつながりにも見入ってしまう内容となっています。

現代らしい内容になっている

湾岸署史上最悪の3日間は、いつもの青島、恩田、室井らが事件に巻き込まれるという内容になっています。作品のあらすじだけではうかがい知れない相手、そして結末へとつながっていくのですが、見どころは真下、和久の存在にあります。

湾岸署で起きた事件を元にして話が進んでいくのですが、真下、和久も今回は良く登場する作りになっているので、湾岸署が一丸になって動いている、しかし、肝心の手がかりが見つからないままという構成になっているのです。また、湾岸署史上最悪の3日間は、他の踊る大捜査線と比較して、現代らしい犯罪も登場するため、その手口に驚かされるところも見どころかもしれません。

惜しいところで捕まえられない

湾岸署史上最悪の3日間を端的に言うと、犯罪者の存在がより強調されている作品となっています。そのため、惜しいところで逃げられてしまうため、逃げる側も必死なのだと感じる場面がいくつも出てきました。

青島、恩田、室井らが必死になって捜索にあたり、真下、和久らが結末に向かうに連れて、良く動くようになっていくのです。最初はまったく手がかりがない状態だったのに、最後の最後で手がかりを見つけるところは、湾岸署史上最悪の3日間だけの楽しみかもしれません。

ハラハラドキドキとは違った展開が面白い

今作の見どころをまとめると、青島、室井といった人物の動きを見ているとわかりますが、本当に犯人を追い詰めていく雰囲気が出来上がっています。これは作品のあらすじでもあるのですが、見どころはリアルな世界設定にあるでしょう。

犯人をあげるのに必死なのは当然として、理知的な人物たちが犯人を特定する瞬間などは、湾岸署史上最悪の3日間だけの魅力かもしれません。

踊る大捜査線シリーズ作品情報