TAXi4(2007年)

TAXi4は2007年に公開された作品で、シリーズ第4弾です。ダニエルが使用していた愛車がプジョー406から407に進化をして、レーシング仕様になった車でのカーチェイスは見どころになる場面です。アクションとしてのカーチェイスだけでなくコメディにも注目です。TAXi4のあらすじについて簡単に解説していきます。

主人公同士は友情関係になっていく

マルセイユ警察にいるエミリアンは相変わらず忙しく働いていますが、前作の結末のところで生まれた子供が成長してきています。ダニエルについては相変わらずタクシードライバーをやっていますが、こちらも子供が生まれて実の息子とエミリアンの子供の面倒を見ることもあります。ダニエルとエミリアンはともに子供が生まれたということもあって、より一層友情関係で結ばれます。

凶悪犯に逃げられてしまう

ヨーロッパ各国で指名手配されているベルギーの怪物と言われる凶悪犯に対して、コンゴ共和国への護送を監視する役目をエミリアンがやります。注意深く護送をやっていたわけですが、凶悪犯からトリックにまんまと騙されて逃げられるという大失態を犯します。この失態に対してエミリアンは首になってしまいました。

汚名返上をするためにダニエルと追跡を行う

エミリアンは自分の名誉を回復するためにダニエルに追跡を依頼します。追跡の結果敵のアジトに潜入しますが、エミリアンは敵に捕まります。そこで、警察署長はアジトに対して攻撃を仕掛け、ダニエルはエミリアンを救います。さらに、凶悪犯を捕まえるということについても成功しました。相変わらずエミリアンはドジではありますが、結末としてダニエルや警察署長によって救われました。

カーチェイスよりもコメディの印象が強い

TAXi4は確かにカーチェイスの要素もありますが、それは少し割合が減ってきているという側面があります。それよりもコメディタッチの要素が強くなっています。エミリアンのドジな部分については笑える部分ではないでしょうか。

TAXiシリーズ作品情報