TAXi(1997年)

TAXiは1997年に公開された映画で、カーアクション映画と言ってもいい作品です。主人公はタクシードライバーのダニエルとちょっと抜けている刑事のエミリアンです。この2人がフランスのマルセイユを舞台にして強盗団を相手にするという映画です。カーアクションなので、ダニエルがどのくらいのスピードで滑走するのかというところが見どころです。今回はTAXiという映画のあらすじについて簡単に解説いたします。

主人公たちが共に出会うことになる

ダニエルは念願のタクシードライバーとなって、どんなところでもあっという間にスピードを飛ばしてお客さんを送り届けることができます。ある日マルセイユ警察に勤めるエミリアンがタクシーに乗り込んだ時に、警察官とは知らずにあっという間に警察署まで送り届けたために、スピード違反の現行犯で検挙されます。

ドイツの強盗団による事件の捜査に駆り出される

マルセイユ市内ではメルセデス・ベンツに乗るドイツの強盗団による銀行強盗事件が起こっていますが、捜査は行き詰まりを見せます。その時に、エミリアンは先ほどの違反を見逃す代わりに、強盗事件の捜査を手伝ってくれという交換条件を出したところ、ダニエルはそれを受け入れます。

ド派手なカーアクションを繰り広げる

ドイツの強盗団は赤いベンツに乗っているにもかかわらず、なかなか見つけることができませんでした。ここでダニエルはいろいろな知り合いに聞いてみて、車の色を逐一塗り替えているという情報を得ます。そこで、強盗団たちを見つけるとベンツとマルセイユ中をカーチェイスすることをします。カーチェイスはCGを使わずに実車で行われていますので、とても大迫力で見ることが可能です。

ドイツの強盗団を捕まえることに成功する

カーチェイスのおかげでドイツの強盗団は逮捕されて、ダニエルとエミリアンは警察署長から表彰されます。すべてが無事に解決してめでたしめでたしというようなところで結末を迎えます。

TAXiシリーズ作品情報