LOGAN/ローガン(2017年)

2017年に放映されたLOGANは、X-MENシリーズのスピンオフ作品となっています。主人公であるローガンは、不老不死の体ではなくなってしまいましたが、ミュータントの少女との出会いをきっかけに、新たな奮闘へと挑んでいきます。

LOGANのあらすじと結末

すっかり年老いて能力も衰えたローガンは、チャールズとキャリバンと共に砂漠地帯で一緒に住んでいました。能力が衰えたとはいえ、それでもチンピラたちを軽く一掃するぐらいの強さはありました。そんなある日、ガブリオレという女性に助けを求められたのですが、最初はそれに応じませんでした。その内容とは、ローラという少女をエデンまで連れて行くことでしたが、5万ドルの支払いを条件に引き受けることになりました。

しかし、ローガンが一旦帰っている間にガブリオレは何者かに殺されており、またローラの姿もありませんでした。その後また自宅へと帰ると、ボイドとその部下の男たちがやってきましたが、突然ボイドの頭に何かが当たって倒れ込みました。そこにはローラの姿があり、彼女は次々とボイドの部下たちを倒していきました。

実は、ローラはミュータントの少女であり、超人的な能力を持っていたのです。しかし、そんな彼女をローガンそっくりのクローンであるX-24が狙っており、再び戦いを挑むことになったのです。

最終的には、自身に注射を打ってX-24と戦い、最後はローラの銃によって倒すことに成功しますが、戦いの中でローガンは致命的なダメージを受けており、最後はローラの腕に抱かれながら死んで行きました。

LOGANの見どころ

この作品の見どころとしては、もちろんラストシーンも非常に感動しますが、ローガンの考え方の変化にも注目したいところです。当初はローラを助けることに消極的だったものの、仲間やローラたちを守りたいと思って、最終的には戦うことを決意するので、これまでにない一面を見ることができます。

X-MEN ウルヴァリンシリーズ作品情報