AVP2 エイリアンズVS.プレデター(2007年)

2007年に放映されたAVP2 エイリアンズVS.プレデターは、前作のエイリアン VS.プレデターの続編となっています。現代のアメリカを舞台としており、エイリアンとプレデター、そして人類が三つ巴となって戦いを繰り広げていきます。

AVP2 エイリアンズVS.プレデターのあらすじと結末

南極での戦いが終わり、プレデターは宇宙船で地球を飛び立とうとしますが、プレデターに寄生していたエイリアンが成長し、船内にいた全てのプレデターを殺戮してしまいます。その宇宙船はアメリカのコロラド州へと落ちていきますが、殺される寸前にプレデターは自らの星に危険信号を発信します。それにより、エイリアンを殲滅させるため地球にプレデターを送り込んだのです。

エイリアンが街中へと現れ、次々と人間たちを襲っては繁殖を繰り返していきます。地球に送り込まれたプレデターは、エイリアンに対して攻撃を仕掛けますが、プレデターから生まれたエイリアンであることから、両方の性質を持っているため苦戦を強いられてしまいます。

その後は人間の軍隊も戦いに加わりますが、最終的には核爆弾によって街ごと吹き飛ばすことによって、エイリアンとプレデターを消滅させました。

AVP2 エイリアンズVS.プレデターの見どころについて

これまでエイリアンシリーズでは、地球外の星や極地で戦いが行われてきましたが、今回はアメリカの街中という、人間が普通に暮らしている場所で戦いが始まります。そういった意味では、今までとは違った側面でのエイリアンを見れるかもしれません。戦闘シーンが前作より激しさを増していることから、アクション要素も強くなっているので、いろんな人が楽しめる作品となっています。

また、同年にジェイク、ジュード、クローネンといった人物たちが登場する、エイリアン同士の戦いを描いたジャッジメントデイが公開されますが、こちらもエイリアンとプレデターとはまた違った戦いを見ることができます。

エイリアンシリーズ作品情報

プレデターシリーズ作品情報