6才のボクが、大人になるまで。

アメリカには人気の映画がたくさんありますので、楽しみにしている方も多いことでしょう。
今回紹介する「6才のボクが、大人になるまで。」も、人気のある映画です。

見どころが多い作品としても知られており、多くの映画ファンを魅力しています。
ここでは、この作品のあらすじなどを紹介します。

「6才のボクが、大人になるまで。」について

「6才のボクが、大人になるまで。」は、2014年にアメリカで製作されたドラマ映画です。
監督と脚本はリチャード・リンクレイター、また、主演は、パトリシア・アークエット、イーサン・ホーク、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイターです。

作品はコルトレーン演じるメイソン・ジュニアの、子供から青年期までの成長を描く内容であるため、2002年~2013年の12年間を通して撮影が行われまた。
また、この作品は、第64回のベルリン国際映画祭のコンペティション部門にも選出されています。

「6才のボクが、大人になるまで。」のあらすじ

エラー・コルトレーン演じるメイソンは、パトリシア・アークエット演じる母のオリヴィアと姉サマンサと、テキサス州の小さない町で一緒に暮らしていました。
メイソンが6歳の時、オリヴィアは子供たちの反対を押し切り、祖母のいるヒューストンに行くことを決断します。

さらにその転居先で、オリヴィアと離婚してアラスカに行っていた父と再開することになります。
1年半ぶりの再会に家族全員が驚きます。
「6才のボクが、大人になるまで。」は、少年メイソンとその家族の時間をテーマにした体験映画に仕上がっています。

「映画はただ鑑賞するだけではなく体験するものだ」、ということがこの作品から伝わってきくます。
結末までハラハラドキドキの展開で、最後まで楽しめます。

「6才のボクが、大人になるまで。」はアメリカで人気の作品です

2014年に公開された「6才のボクが、大人になるまで。」、少年明メイソンの成長を楽しめる作品です。
母オリヴィアと離婚した父との再会など、見どころ満載の映画です。