西遊記~はじまりのはじまり~(2013年)

「西遊記~はじまりのはじまり~」は、2013年に中国で公開された映画です。
西遊記自体は、有名な作品なので知っている人も多いでしょう。

ですが「西遊記~はじまりのはじまり~」はサブタイトルからも分かるように、西遊記の前日譚をコミカルに描いたアクション映画です。ではあらすじや見どころ、結末について紹介します。

西遊記~はじまりのはじまり~のあらすじと結末について

妖怪ハンターを仕事にしている三蔵法師は、川で謎の妖怪と遭遇し窮地に陥っているところで同業者の段に助けてもらいます。

ですが後日別の妖怪を相手に悪戦苦闘しているところを、再び段に助けてもらいます。
その時は、段の協力もあって、妖怪を捕まえる事に成功しましたが、逃げられてしまいます。

同業者と接触したり、妖怪の妨害があったりと慌ただしい中で、師匠から「五指山の麓に封印している孫悟空を退治するように」と要請を受けて、五指山に三蔵法師は向かう事になります。
その時に一人では退治するのが大変そうなので、同業者に協力をしてもらう事にします。

 

西遊記~はじまりのはじまり~の見どころについて

西遊記は日本でも日本の俳優が演じた作品がいくつか存在しています。
ですがそれらのストーリーはどれも、三蔵法師が孫悟空と沙悟浄、猪八戒と天竺を目指すところからスタートします。

ですが西遊記の物語がスタートするためには、まず4人が出会わなければいけません。
西遊記~はじまりのはじまり~では、どのように4人が出会ったのかを紹介する映画です。

一般的に孫悟空目線で描かれるストーリー展開が多い中で、三蔵法師の目線で描かれているので、新鮮ですが、ストーリーが時々飛んでしまうので、西遊記の話の流れを知らないと、少し戸惑う人もいるかもしれません。

あと、作中にギャグが多く、独特な雰囲気なので、作品は好き嫌いが分かれる可能性大です。

ただ中国で公開時は記録を作るぐらいヒットした作品です。