美女と野獣(1991年)

美女と野獣の話は魔法によって森の奥の城の主が醜い野獣に、召使が家具へ、城は廃墟のような城になるところから始まります。1本のバラが散るまでに真実の愛を見つけなければ魔法は一生解けなくなるということです。ある王子が野獣になってからのあらすじや見どころ、結末と言ったところについて解説していきます。

ある日城に女性が現れる

廃墟のような城なのでなかなか人が現れるということは無いわけですが、ある日、ヘルの父のモーリスが城に囚われることになります。その娘であるベルはモーリスの代わりに自分が囚われるということを願って、代わりに自分が城に囚われることになります。

ベルと野獣がついに出会う

城に行くと野獣が住んでいますので、ベルと相性が合うのかどうか気になります。ベルはいったん野獣のわがままな態度に腹を立てて城から逃げ出すわけですが、狼に襲われたところ野獣がベルを助けました。この出来事によって次第にお互いが惹かれあうことになります。

モーリスを見舞うことを認める

モーリスを見舞うためにベルを待ち構えたのがガストンです。ガストンはずっとベルに対して求愛しているわけですが、ベルは全然見向きもしませんので、何とかして邪魔をしたいという風に思っているわけです。

そこで、ガストンは野獣がいる城へと向かうことになります。そこで、ガストンと野獣が戦い、野獣がガストンにナイフで刺されてしまい、それと共にガストンはバランスを崩して転落してしまいました。

野獣たちの魔法が解ける

野獣は死にかけながらも、ベルに対して愛を伝えることになります。ベルも野獣の体に触りながらも自分も愛していたと涙ぐみました。結末として、その時ベルの前で野獣から人間へと戻っていき、召使たちも城も元に戻っていきました。

美女と野獣の恋愛劇

美女と野獣はあらすじを追っていくと美女と野獣の恋愛劇そのものではないでしょうか。見どころも美女と野獣がどうやって結びつくのかに尽きるでしょう。結末として二人が結ばれましたのでよかったことです。

ディズニープリンセスシリーズ作品情報