眠れる森の美女(1959年)

眠れる森の美女は待望のオーロラ姫が呪いがかけられるところから話が展開していきます。姫が誕生したところで盛大な宴が開催されていますが、それに招待されなかったマレフィセントと呼ばれる悪の魔女によって呪いをかけられて、そのために人間として暮らしていくところから始まります。これ以降の話についてのあらすじや結末、見どころと言ったところについて解説していきます。

マレフィセントに呪いをかけられる

あらすじの最初はマレフィセントから呪いをかけられるところです。どういう呪いをかけたのかというと、16歳の誕生日に糸車の針に指を刺して死ぬというものでしたが、妖精の魔法によって効力が弱められ、死ぬのではなく永遠の眠りにつき、それを破るためには愛する人の真実のキスが必要になるというところです。16歳になるまでは森の奥で妖精たちと暮らしていましたが、16歳になったら城に戻ってくるという約束に沿って城に戻ってきました。

オーロラ姫が眠りにつくことになる

一方でマレフィセントは16歳の誕生日が来たことを知っていましたので、何とかして糸車に触らせようとしていたところ、姫は糸車に触ってしまって永遠の眠りにつくことになりました。へフィリップ王子はオーロラ姫のことが好きでしたが、森の中で住んでいる女性のことが好きになりましたので、城を抜け出して森に向かうわけです。そこでマレフィセントに捕まってしまったわけですが、3人の妖精たちが助けに行きます。

眠りが解けることになる

妖精とへフィリップ王子がマレフィセントと戦って、マレフィセントを倒して、城にたどり着きました。その時に眠っていたオーロラ姫とキスをすることによって、呪いが解けてお互いが幸せそうに踊ります。

最終的には幸せになって終わる

呪いによってオーロラ姫の人生が左右されるわけです。見どころとしてはオーロラ姫の呪いがいつになったら解けるのかではないでしょうか。眠れる森の美女の結末としてはハッピーエンドな終わり方で後味が良いです。

ディズニープリンセスシリーズ作品情報