最強のふたり(2011年)

「最強のふたり」は2011年に公開されたフランス映画です。
フランス映画というと、どこかおしゃれなイメージがありますが、こちらの映画は実話に基づいたものとして大注目を浴び感動を呼んだ作品となっています。
そこで今回は、そんな最強のふたりにあらすじから見どころ、結末などについて見ていきましょう。

最強のふたりのあらすじについて

地位が高く知的なフィリップ。
彼は、秘書とともに四肢麻痺の億万長者の買い越しを探していました。
そんなある日、とあるアフリカの青年が横入りして面接会場にやってきます。
それがドリスです。
フィリップはドリスに介護経験を得るためのトライアルを持ち掛けるところからストーリーは展開していきます。

見どころについて確認してみよう

一見すると無理やりにトライアルまでこじつけたドリスですが、フィリップ邸宅へと引っ越してからさまざまな環境が変わっていきます。
フィリップのもとで働いている人々の心の渇きや日々をというものをドリスがやってきたことによって色が変わっていくのです。
それは、新しい感覚ばかりではなく感動をも心に押し寄せてくることでしょう。

また、こちらの作品は事実に基づいた作品となっています。
これを心にとめてみすすめていくとさらに心への訴えかけが大きい作品であると気づくことでしょう。

結末についてチェックしてみよう

五体満足できる人たちはどこかそうでない人たちを見るとき、平等だと口では言いつつもどこかで同情をしたり区分けをしているような部分があるでしょう。
それは、人種などに関しても同じ事が言えるのではないでしょうか。
こうしたものを取り除いてからこそ見えてくる人としての絆。
本物の友情とはという事を考えさせてくれるラストとなっています。

感動映画の代表的存在

今もなお愛されている・感動を呼ぶ映画として掲げられることも多い作品「最強のふたり」
まだ見たことが無いという方はぜひともチェックをしていただきたいと思います。