告白(2010年)

2010年に公開された告白は、湊かなえが執筆した小説を映画化した作品となっています。中学教師である森口 悠子が、クラスメイトに殺された娘の復讐をするために、犯人の生徒を追い詰めていく内容となっています。

告白のあらすじと結末

終業式が終わった後のホームルームで、担任の森口 悠子は淡々と生徒たちに語りかけます。自分の死んだ娘が、2人の男子生徒に殺されたことを告白するのです。彼女の娘は事故によって死んだと処理されたのですが、実際はクラスメイトの生徒2人、直樹と修哉による殺人だと彼女は知ったのです。

彼女は、生徒たち全員に牛乳を飲ませるのですが、娘を殺した生徒2人の牛乳には、HIVに感染した患者の血液が混ざっていました。それを告白した時に生徒たちはパニックを引き起こします。彼女は最後に「2人を温かく見守ってあげてください」と語り、退職をして学校を去って行きました。

直樹はHIVに感染したと思って引きこもり状態となり、修哉は学校には毎日来ますがクラスメイトから虐められていました。ただ、北原美月だけは虐めに加わらなかったことで、強引に修哉とキスをさせられてしまいます。

直樹は母親に人殺しであることを告白した上で殺してしまいます。一方で修哉も美月に「マザコン」と言われたことで逆上して殺してしまいます。

その後、修哉は自分の母親が再婚相手と旅行をしており、しかも妊娠までしていることを知って、完全に自暴自棄になってしまい、体育館に爆弾を仕掛けます。しかし、スイッチを押しても体育館は爆発はせず、その時に携帯電話に着信があり出ると、森口の声が聞こえてきました。彼女は、「体育館に仕掛けた爆弾はあたなの母親のところに送りました」と伝えたのです。

告白の見どころ

松たか子演じる森口 悠子が、淡々とした口調で生徒たちに語るシーンが、とても不気味であり惹かれる部分があります。娘が殺されたにも関わらず、ほとんど感情的になるシーンがなく、それがこの作品の怖さと面白さを引き立てています。