ワイルド・スピード MAX(2009年)

ワイルド・スピード、ワイルド・スピードX2と多くのファンを勝ち得たワイルド・スピードシリーズ。
カーアクションのみならず、恋愛要素あり、友情ありのストーリーのトリコになった人は多いはずです。
ワイルド・スピード MAXはシリーズ三作目であり大注目の中公開されたヒット映画です。

これまでのワイスピシリーズのあらすじ

当初は警察という立場でヴィンディーゼル演じるドミニクに接触していたポールウォーカー演じるブライアン。
潜入捜査中に対象であるヴィンディーゼルの妹であるミアに恋をし、またドミニクとも友情関係を築いていきます。
正体がばれた後は、彼らの信頼を失いかけますが、警察組織よりも友情を優先したことでドミニクとの関係を取り戻すという結末でした。
その後は、FBIからの打診で、捜査に協力することで前科を取り消すという話にのって、女性警官と共に犯罪者を追い詰めることに成功、というのがあらすじです。

ワイルド・スピード MAXの見どころ

前作までは、ブライアンとミアの恋愛が気になるところでしたが、今回はドミニクの恋愛が見どころです。
強い女の象徴というべき女優、ミシェル・ロドリゲス演じるレティがお相手ですが、彼女に危険が及んでしまうことを恐れてドミニクは姿をくらまします。
そんな中ミアからレティが殺されたというショッキングなニュースを耳にするドミニク。殺した相手フェニックスへの復讐を企てます。

麻薬組織の代表は

一方ブライアンがFBIに復帰して追っているのがカンポス (ブラガ)という麻薬組織を取り仕切る男です。
なんとドミニクがレティの仇を打とうと追っている組織と同じであることが後にわかり、それぞれのやり方で敵にせまります。
カンポス (ブラガ)は麻薬の輸送用の優秀なドライバーを探しており、それにブライアンたちが潜入するという作戦です。

かたき討ちは

フェニックスという男がレティを殺した張本人だということがわかり、かたき討ちに燃えるドミニク。
ブライアンとは違う角度から組織を追い詰め、麻薬組織が開催するストリート・レースにそれぞれ参加することになるのです。
果たしてこの勝負、結末はいかに・・・

ワイルドスピードシリーズ作品情報