ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年)

ワイルド・スピード ICE BREAKは、大人気ワイルドスピードシリーズにおいて実に8作目となるファン待望の作品。
ヴィンディーゼル演じるドミニクと、殺されたと思われていたかつての恋人レティがキューバのハバナでハネムーンを楽しんでいるところから物語は始まります。

ワイルド・スピードのこれまでのあらすじ

ドミニクは、ポールウォーカー演じるブライアンとタッグを組み、数々の犯罪集団を破滅させていきます。
それも、時には警察をも利用して、正義のためではなくファミリーやかかわった人々の為に闘いを続けます。
最終的には自分の妹であるミアとの子を身ごもった相棒ブライアンのため、犯罪集団の闇金を利用して彼らを守ることに成功。
そんな中、自分の恋人を失い失意の中復讐劇を繰り広げますが、ひょんなことから彼女が生きているということを耳にします。
記憶喪失になったドミニクの恋人レティは、敵によって利用されており、ドミニクはなんとか彼女を奪還、記憶もよみがえりハッピーエンドとなる訳です。
このころ、ブライアン役のポールウォーカーは死去しており、劇中でエンディングに登場するのは彼の実在する兄弟であり、映画自身も彼に送るものとなりました。
一時は続編は不可能であると言われていた同シリーズですが、今回ポールなしではじめて収録が再開。ブライアン亡き今どのようなストーリーが展開されるのかが見どころです。

今回のあらすじ

ワイルド・スピード ICE BREAKにおいて鍵を握るのは謎の女サイファー。
ドミニクに部下になるよう彼の元を訪れますが、誰かの下で働く気などないドミニクの答えはノー。
しかしながらサイファーにとある写真を見せられたことによって態度を一変させます。
時を同じくして、おなじみの敏腕捜査官ホブスから、極秘任務への協力要請が入ります。
大量破壊兵器がなんとドイツの武装兵力に奪われたので奪還してほしいとのこと。
ドミニクは、ホブスと共に選りすぐりの腕利きをあつめ、作戦を実行に移します。
作戦は見事成功、と思いきや奪った兵器を持ってドミニクは逃走。
予想だにしなかった裏切りの影には何が隠されているのでしょうか。
レティとの関係もどのような結末を迎えるのか。
新しいキャストも加わり新シリーズとなった最新作、ドミニクの心の葛藤が見どころです。

ホブスの行方は

今回気の毒なのは、ドミニクを信じ依頼をしたホブスです。ドミニクには殴られ、警察にも収監されることになったホブス。
ミスター・ノーバディによって取引を持ち掛けられますがホブスは断ります。ミスター・ノーバディによって解放されたホブスは、かつての宿敵ショウと逃亡をはかります。
かつての仲間にショウが加わりより強固なものになったドミニクのファミリーですが、ドミニクの裏切りの真相は明かされるのでしょうか。

今回のカギを握るのは

前作でも登場したエレナが物語の鍵を握っているようです。
レティが死んだと信じ、時がたちエレナと付き合いをはじめたドミニク。エレナとの間に子供をみごもってはいますが、エレナはドミニクとレティのために身をひきます。
そんな彼女が危険にさらされたとあって、ドミニクは今回のような危険な行動に出たようです。

ワイルドスピードシリーズ作品情報