ロスト・ワールド ジュラシック・パーク(1997年)

ロスト・ワールド ジュラシック・パークはジュラシック・パークが恐竜の襲撃によってオープン出来なかった後のお話です。ジュラシック・パークの研究施設に実は残っているという風にハモンド会長から伝えられると、マルコム博士に調査隊を率いて調査してほしいというところから話がスタートします。これ以降のあらすじについて説明していきます。

マルコム博士は恐竜がいるかどうか調査をする

実はマルコム博士は最初断るのですが、その恋人であるサラがもうすでに現地にいるという話から、しぶしぶ行く決意を決めることになります。現地に入って急いでサラを探しましたが、恐竜がいる中で何とか探して合流することができました。

ラドローが恐竜を捕まえに行く

ハモンド会長の甥であるラドローがもう一回ジュラシック・パークを作ろうということで、現地にいる恐竜たちを捕まえに行きます。しかし、そこで妨害にあって恐竜に襲われることになります。その時にマルコム博士とサラは何とかして現地から逃げることができました。ラドローはティラノサウルスの捕獲に成功します。

アメリカ本土に恐竜が上陸する

ラドローがティラノサウルスをアメリカ本土に上陸させましたが、麻酔が切れたティラノサウルスは暴れまわって住民を襲うことになり、多数の犠牲者を出すことになります。それではいけないということで、マルコム博士は何とかして貨物におびき寄せたうえで、麻酔銃を使って眠らせることに成功して、何とかして前いた島に戻されます。この島は人間が立ち寄ってはいけない島として封印されることで結末を迎えます。

見どころは恐竜が人を襲うところ

ロスト・ワールド ジュラシック・パークあらすじより人間がまた恐竜を利用しようとしたところで、それを制御することができなくなった恐竜が人を襲うところは恐さを感じられるでしょうから、ここが見どころになります。結末としては何とかマルコム博士の尽力によってふたたび平和が訪れます。

ジュラシックパークシリーズ作品情報