レヴェナント 蘇えりし者(2015年)

話題の映画、「レヴェナント: 蘇えりし者」は、2015年にアメリカで公開された人気作です。
この映画は、ウエスタン伝記映画作品ということで、公開前から注目されていました。
ここでは、「レヴェナント: 蘇えりし者」のあらすじなどを紹介します。

「レヴェナント: 蘇えりし者」について

「レヴェナント: 蘇えりし者」2015年のアメリカ映画であり、「蘇った亡霊、ある復讐の物語」で描かれた、ヒュー・グラスの半生を映画化したものです。

荒野に一人取り残された、ハンターのサバイバル生活が見事に描かれています。
今作では、主演であるレオナルドディカプリオが、アカデミー賞主演男優賞を受賞したことでも話題を集めました。

監督はアレハンドロ・G・イニャリトゥ、音楽は 坂本 龍一、出演者は、レオナルドディカプリオ「ヒュー・グラス」、トム・ハーディ「ジョン・フィッツジェラルド」、ドーナル・グリーソン「ヘンリー隊長」など、豪華メンバーが揃っています。

「レヴェナント: 蘇えりし者」のあらすじ

当時、まだ州に編入されていなかったネバダ地区では、毛皮を作るためにハンターたちがたくさん歩いていました。
しかし、そこへたくさんのインディアンたちが襲ってきたので、多くのハンターたちが虐殺されることになります。

その後、インディアンたちはボートで川を下ろうとしましたが、それは危険だとヒュー・グラスが言ったため、ヘンリー隊長はみんなに命令を下します。
そこでボートでの走行を断念しますが、仲間の中には、ヒュー・グラスの意見に反対する人もいました。

この作品は結末も見逃せません。
復讐は神に委ねたヒュー・グラスはその場を離れことで助かりますが、ジョン・フィッツジェラルドは先住民から殺害されることに。
このように見どころが多く、展開も楽しみな作品です。

豪華メンバーが出演している作品です

「レヴェナント: 蘇えりし者」を紹介しました。
この映画は、2015年にアメリカで公開されて話題になったので、ご存知の方も多いと思います。
ヒュー・グラス/ジョンやフィッツジェラルドなど、豪華メンバーが出演しています。