ラ・ラ・ランド(2016年)

2016年にアメリカで公開された映画「ラ・ラ・ランド」はミュージカル映画となっています。
若い男女を主人公にしてその才能を十分に触れることが出来る作品なのですが、ここではあらすじなどについてチェックしていきましょう。

ラ・ラ・ランドのあらすじについて

舞台はアメリカのロサンゼルスです。
セバスチャンはジャズピアニスト。そしてミアは女優を夢見る。
この二人を中心にしてストーリーは展開していきます。
恋に落ちていくラブストーリーではあるのですが、それぞれの夢のためにそれぞれの選択肢に立たされることとなるのです。

ハリウッド作品であるということを十分に堪能できる非常に仕上がりの高い作品となっており、当時は公開前から大きな注目を浴びていた映画でもあるのです。

ここにも注目をしてほしい見どころポイント

見どころはストーリーはもちろんなのですが、ちょっとした言葉や場所から感情の動きやその時々の情景を美しく表現しているのです。
また、見どころとして注目していただきたいのは、2人の「衣装」なのです。
衣装は何と主人公2人は100回近くをもチェンジしているのです。
その衣装から開放感や輝きを表現しており、見る側も思わずぐっとひこきまれてしまう事でしょう。

気になる結末とは

セバスチャンとミアの夢と恋愛。
その結末は見る手それぞれによって幸福感が変わってくるでしょう。
それぞれの幸せ・それぞれの輝きというものを十分に感じ取っていただけるラストは必見となっています。
ラストシーンでの2人の細やかな表情にぜひとも注目をしていただきたいと思います。

頑張る人に見てほしい

ただのラブストーリーというわけではなく、夢をつかむ・階段を上るといった背景も表現されている作品です。
恋愛映画としてはもちろん、日々を頑張る人や夢に向かって頑張っている方にも見ていただきたい映画といえるでしょう。
アカデミー賞6部門を受賞した作品は要チェックとなっています。