ランボー(1982年)

ランボーは1982年に公開された映画作品で、後にシリーズ化されている作品です。主人公はランボーという人物でベトナム戦争の帰還兵です。

ベトナム戦争によって心が疲弊したランボーの孤独と怒りを表現した作品だということが言えますし、そういうところが見どころになります。今回はランボーという作品のあらすじについて簡単に紹介していきます。

ランボーはかつての戦友たちを訪ねる

ランボーはベトナム戦争の帰還兵で、ベトナム時代の戦友たちを訪ねて小さな町を訪れることになりますが、戦争で浴びた後遺症などによってもう亡くなっています。

そこで町で食事を取ろうとしたら保安官が声をかけます。ランボーを車に乗せて市街地の外れに連れ出しますが、また町に入っていこうとするので、逮捕して保安官事務所に連れていきます。

保安官たちと戦うことになる

保安官は高圧的に取り調べをし、拷問のような嫌がらせをしますので、それに対してランボーは怒りを示して、山中に逃亡します。保安官はランボーを追い詰めていきますが、ランボーはグリーンベレー仕込みの戦闘能力を示して、さらに山奥に行きます。

州兵によって追撃される

保安官たちでは歯が立たないために、州警察と州兵が乗りだします。ランボーのベトナム時代の上官である大佐はランボーの戦闘能力のすごさを訴えますが、それでも保安官は自分の手で捕えたいと思うわけです。

州兵たちはランボーが住処にしている行動にロケット弾を撃ち込みました。炭鉱は崩れ去ったわけですが、それでもランボーは地上を脱出します。

ランボーは最終的に投降することになる

ランボーは保安官たちに復讐するために町に再び乗り込むことになります。保安官事務所で保安官を倒したわけですが、そこで大佐がランボーを説得します。

ランボーのベトナム戦争における本当の苦悩を知った大佐はランボーを抱きしめるしかなかったです。そして、ランボーは投降されるところで結末を迎えます。

ランボーシリーズ作品情報