ミュータント・タートルズ(2014年)

「ミュータント・タートルズ」は、2014年に公開された映画です。
原作は1984年のアメコミで、非常に人気が高い作品なので、たくさん映画化やアニメ化されています。

「ミュータント・タートルズ」は、最新のVFX技術が使われているので、迫力ある映像に仕上がりました。
では、あらすじや見どころ、結末について紹介します。

ミュータント・タートルズのあらすじや結末について

タートルズは元々NYでペットとして飼われていた4匹のカメです。
このカメが動物を人間のような姿に変える力でタートルズに変身します。

カメの知り合いのネズミのスプリンターは、飼い主を忍者一族のフット団とそのリーダーシュレッダーに殺されてしまいます。
その仇をうつために、タートルズに忍術を教え、タートルズはたちまち強くなり、シュレッダーと対決しその戦いで勝利をおさめ、無事復讐を成し遂げる事に成功する事が出来ました。

その後、タートルズは、普段は下水道の中で暮らしていますが、犯罪者やエイリアンと戦う日々を送っています。

 

ミュータント・タートルズの見どころについて

ミュータント・タートルズの見どころは、やはりタートルズのキャラクターです。
このキャラクターがオモチャ化されるなど、非常に人気を集めています。

なので4人のメンバーを紹介します。
「レオナルド」はタートルズのリーダーで、青い鉢巻がトレードマークです。
戦い方は、二刀流を得意とし、刀の達人です。非常に真面目な性格で、長男キャラという位置づけです。

「ラファエロ」は、赤い鉢巻がトレードマークです。
釵の達人で、短期で我の強い性格だと言えます。

「ミケランジェロ」は、橙のハチマキがトレードマークです。
ヌンチャクの達人で、明るくお調子モノで、マイペースな性格です。

「ドナテロ」は、紫のハチマキがトレードマークです。
棒術の達人で、頭がいいのでタートルズのブレインであり、機械にも強いのでメカニック担当です。