プレデター2(1990年)

プレデター2は1990年に公開された作品で、シリーズ第2弾に当たります。第1弾はジャングルを舞台としてプレデターとの戦いを描いたものですが、今作は1997年のロサンゼルスが舞台となります。

プレデターがどういうキャラクターなのかということが前作では分かりにくかったのが、今作ではそこのところは少しずつ分かってきます。プレデター2のあらすじについて簡単に説明していきます。

マイク・マリハン警部補は悲惨な現場を垣間見る

ロサンゼルスにおいてコロンビアん麻薬シンジケートとの抗争が行われているわけですが、そのアジトに行ってみるとギャング団の死体がありました。別の場所ではジャマイカ団のメンバーが同じように姿態があったわけです。

その後独断でこの現場を検証したいと思ってマイク・マリハン警部補が行くわけですが、同僚のダニーが犠牲になってしまいます。しかし、ダニーの敵を取るためにマイクは同僚と一緒に捜査を開始します。

キースによってプレデターの存在を知る

マイク・マリハン警部補は同僚が犠牲になったということから追跡を開始するのですが、途中で介入してきたキースによって捕えられ、この怪物の原因であるプレデターのことについて聞くことになります。

キースたちはプレデターの生け捕りを目的とした政府の特殊部隊で、プレデターは宇宙から地球に対して人間狩りをするために来た異星人であるということを知ります。

マイク・マリハン警部補はプレデターを対峙する

キースたちの部隊はプレデターの逆襲によって全滅したので、マイクがプレデターと対峙する必要が出てきます。プレデターの特性などが分かって相手を追い詰めた先に、宇宙船を見つけました。

そこでもプレデターと対峙すると完全に倒してしまいます。マイクとプレデターの戦いは見どころになります。

結末は宇宙船を使って脱出した

宇宙船にいたプレデターたちを殺して全員去っていったところで、プレデターたちが乗っていた宇宙船を使って地球を脱出することになりました。

プレデターシリーズ作品情報