プレデターズ(2010年)

プレデターズは2010年に公開されて映画作品で、プレデターシリーズの第3作目に当たります。この作品の主人公は元アメリカの傭兵であるロイスです。

その他にも同じような境遇の仲間たちと合流しながら探検をしていきます。ロイスをはじめとした仲間たちは地球に戻ることはできるのかというのが見どころになります。それではプレデターズのあらすじについて紹介していきます。

同じような境遇たちと合流する

ロイスは突如どこかの上空を落下していて、結果的に得体の知らないジャングルに降り立つことができました。そこには同じように落下をしていった殺人のプロたちが8人合流することになります。

このメンバーというのは何らかの意図をもって集められていたわけですが、それが全然見当がつかないです。とにかくジャングルを脱出するための行動を取ります。そして、ここは地球ではないんだなということも理解します。

ノーランドという黒人に出会う

このジャングルでは自分たちが狩りの獲物であるということに気づき、さらに森の中に行くと多数の生物が殺されて展示されている場所につきます。

そこでプレデターという生物を見ることになります。その後に、このジャングルで隠れて生きてきたノーランドと呼ばれる黒人に助けてもらいます。そこで、プレデターの正体や特徴について詳しく教えてもらいます。

宇宙船に乗って地球に戻るしかない

このジャングルを脱出するためにはプレデターたちが乗っている宇宙船を奪うしかないという結論に達します。もう仲間たちは殺されていくことになりますが、それでも地球に戻るために宇宙船に乗りこもうとしています。しかし、宇宙船は破壊されることになります。

また新たな狩りが始まる

宇宙船の中でいろいろと戦いがあって最終的には勝利を得ることになります。ロイスとイザベルだけが生き残りましたが、その惑星においては次々にパラシュートによって降下して、再び新たに狩りが繰り広げられるところで結末です。

プレデターシリーズ作品情報