フォレスト・ガンプ 一期一会(1994年)

「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」この言葉を聞いたことはないでしょうか。「うすのろ」な彼は、周りの人とともに成功していくことで、人生をどう歩んだのでしょうか。そんな物語がこの映画で描かれています。

フォレスト・ガンプのあらすじ

この映画の主人公・フォレストは、タイトルの通り「ガンブ(うすのろ)」な人間です。彼がバス停のベンチに座っていると、バスを待つ人々に話しかけ、過去を回想していきます。

幼少期から回想し、軍隊時代、卓球全米チーム時代、会社設立、恋人のジェニーとの出会い、そして現在に至るまでを回想します。その中で彼は様々な経験をし、様々な成功を収めているのです。

人より知能が劣るフォレストですが、いくつかのチャンスをつかむことで、山あり谷ありの人生を歩むことになります。

フォレスト・ガンプの見どころと結末

回想による各時代のフォレストが、どのような経験をするのかが見どころです。高校生の時に車に追いかけられ、その時の足の速さを買われ大学入学後にフットボールチームに入ります。

ベトナム戦争後に彼は「ピンポン外交」の主役になり、卓球で得た資金で会社を設立します。ジェニーと知り合いになったことで、彼がバスを待っているのはジェニーに会いに行くためだとわかります。実際にジェニーに合うと、彼女は不治の病を患っていることを告げます。

その後結婚式を2人で挙げますが、彼女は他界します。フォレストはその後子育てに奮闘し、2人の間にできた息子をスクールバスで学校に送り出したところで、映画は終わります。

フォレスト・ガンプについて

フォレストが成功を得たのは、彼自身の運が良かったからです。そして、ジェニーとの出会いは素敵なものでした。後に彼女との別れを迎えてしまいますが、彼は「うすのろ」であっても、波乱万丈の人生を歩んできたわけです。

戦争を経験したり、ビジネスを行ったりしながら、彼は様々な状況を運で乗り越え、バス停のベンチを通じてその素晴らしさを感じることになるのです。