ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のあらすじと見どころ、結末を見ていきたいと思います。あらすじ、見どころ、結末なのでネタバレになりますので、最後まで知りたくはないという人はちょっとだけ注意したほうがいいですね。

物語の始まりは

物語の始まりは1926年です。闇の魔法使いグリンデルバルドがヨーロッパで猛威を奮っている時代です。魔法世界はグリンデルバルドがどのような戦いを挑むのか怖がりながら生活をする毎日でした。その中でニュート・スキャマンダーは魔法動物学者です。ニューヨークに渡るところから物語はスタートします。スーツケースの中は、世界中で保護している魔法動物がいっぱい入っています。税関の手荷物検査でバレそうになるのですが、間一髪のところでスルーしてニューヨークの街中へ行きます。その一方でニューヨークで起きる不思議な事件の調査でグレイプスは現場検証をするのですが、得体の知らない何かが街を破壊した痕跡が残っていたり被害状況を調べていました。

メアリーベアボーンとの出会い

ニュートがニューヨー雨を歩いているとメアリーベアボーンが魔法使いの驚異、撲滅についてスピーチをしていました。その運動の傍らで孤児を施設で育てていました。彼女の子供モデスティ、クリーデンスはビラ配りでサポートしていました。メアリーはニュートを見かけると壇上から何か話しかけたのですが、その時、開きかけのスーツケースの中からニフラーという魔法動物が飛び出したことに気がつきました。ニフラーは光るものを集めるのが好きで銀行の中に逃げ込んだのをニュートは探します。銀行の中にはパン屋を開く資金の融資を受けるためにいたジェイコブがいました。ジェイコブのとなりに座って様子を見るニュートですが、追いかける事に必死になって魔法動物のオカミーの卵を椅子においてきてしまいます。

魔法動物を見られた結果

魔法動物をノーマジに見られたので焦ってジェイコブを魔法で転送してしまいます。銀行の警備員が来たので更に魔法を使って固めてジェイコブにオブリビエイトの魔法で一連の魔法、動物を見た記憶を消そうとするのですがジェイコブは、隙を突いて逃げました。それを見ていたのは魔法の杖認可局のティナです。ティナは違反したニュートを捕まえます。

ジェイコブはその後

ジェイコブの家は魔法動物によって半壊状態になりますが、ニュートとティナはジェイコブの家をなおして魔法動物を回収するのですが、もっと安全な妹のクイニーといっしょに住む家にジェイコブも一緒に退避します。

不穏な状態

ニュートの小屋で不穏な状態の黒い浮遊しているものをジェイコブは見つけます。取り付かれないようにするよう注意するのですが、取りつかれると子供はオブスユリアルと叫んで、10歳まで生きられないのです。色々とありましたが、ジェイコブが開いたパン屋は大繁盛し、その理由は微かに残った魔法動物を思わせるようなパンが好評だったからでした。クイニーが店に入ってきて、笑った姿を見てジェイコブは何か思い出すように見えたのでした。

ファンタスティック・ビーストシリーズ作品情報

ハリー・ポッターシリーズ作品情報