ピクセル(2015年)

2015年に公開されて映画であるピクセルは1980年代にはやったパックマンやドンキーコング、スペースインベーダーなどのゲームキャラクターをフューチャーしたアクションアドベンチャー映画とも言えます。

元ゲームオタクたちがこういうキャラクターを倒すために戦いを挑むわけです。今回はピクセルという映画のあらすじについて説明していきます。

元ゲーマーが世界を救う

今回の映画の主人公になるのがサム・ブレナーで、子供の頃は豪腕にゲーマーだったわけですが、世界大会で負けてから自信を失います。しかし、大統領となる親友の指名によって地球の命運をかけた戦いに挑んでいきます。立場は大きく変わってしまいましたが、子供の頃の友情がまだ続いていました。

なぜこういうことになったのかというと、あり得ないことにゲームのキャラクターが次々に地球を侵略するということが分かったからです。そこで、ゲームのプロとしてサム・ブレナーが招集されたということです。

昔のゲームキャラクターが出てくるのが見どころ

このピクセルという映画は昔のゲームキャラクターが出てくるというところが見どころに当たります。パックマンやドンキーコングのようなベタなものだけでなく、マイナーなゲームキャラクターについても出てきますので、昔のゲームを見て懐かしいなあという風に思うところもあるでしょう。

サム・ブレナーは自信を付ける

戦いにおいて、エディが違法な裏技を使用していたというズルを犯して、本格的な地球侵略を始めます。実はサム・ブレナーと戦った世界大会においてもこの裏技を使って勝利したものでした。最後の戦いはドンキーコングになりますが、本当のことについてサム・ブレナーは知ってから、世界一としての自信を取り戻して最後の勝負に勝利しました。

サム・ブレナーは幸せになる

最後の勝負に勝利してから、街に平穏が訪れて、単なるゲームオタクだった4人はヒーロー扱いになります。サムは正真正銘の世界大会のチャンピオンとして認められ、ハッピーエンドに終わった結末です。