ビッグゲーム 大統領と少年ハンター(2015年)

少年オスカリは13歳になる前、一人前になる為一人で森に入り獲物を狩る試練を受けなくてはならない。
それを不安に思うが送り出す父。森を進んで行くとオスカリの前に脱出ポッドに入った大統領が現れます。
大統領は命を狙われ追われている様子。その厳しい状況の中で果たして少年オスカリは無事試練を終える事が出来るのか。

ビッグゲーム 大統領と少年ハンターあらすじ

ビッグゲーム 大統領と少年ハンターあらすじ。この記事はネタバレを含みます。

少年オスカリと父親は山小屋へ、そこには父親が13歳の時に熊を狩った写真。
お前次第だと父親は獲物がいる赤い印の付いた地図を渡し、二人の秘密だと伝えます。
弓を受け取り、地図を頼りに山奥へと出発します。

一方ウィリアム・アラン・ムーア大統領の乗るエアフォースワン機内、モリスは胸の傷を見て薬を飲みます。
大統領はモリスに無能な私をかばって君は撃たれたと、申し訳なさそうに話します。

森ではオスカリが鹿の鳴きまねをしながら先へ進みます。途中弓を引いてみますがオスカリにはまだ引ききれませんでした。
そこに一機のヘリが現れそこから男達が出てきてなにやら運んでいます。
男達の会話は地対空ミサイルの目標補足システムだと話し、エアフォースワンの撃墜を企んでいました。

エアフォースワンの機内ではモリスが時間を気にしています。
その時です、エアフォースワンのシステムがミサイルのロックオンを探知します。
モリスは大統領を脱出カプセルに乗せ飛行機から脱出させます。

他の部下達にも飛び降りるよう指示をしますが、部下のパラシュートが開かない事を伝えると、その部下をモリスは射殺します。
その後モリスは脱出。ミサイルはエアフォースワンに命中し爆発します。
その頃オスカリは森で空に光るものを見ます。次の瞬間、飛行機の残骸が次々と降ってきました。

慌てて逃げるオスカリ、その先で大統領の脱出ポッドを見つけ大統領をポッドから出しその場を離れます。
そしてその脱出ポッドを探すモリス、大統領を助けたせいでついた胸の傷、自分はいつ死んでもおかしくないという状態。
その前に必ず大統領を渡すとテロリストの仲間へ伝えます。

大統領は町まで行きたいとオスカリに言いますが、オスカリは地図の場所へ行かなくては行けないと大統領に伝え、大統領はオスカリと共に行動する事になりました。
野営をして朝を向かえます。オスカリは地図の場所へ到着しました。
そこには大きなトランクが一つ、開けてみると中には矢の刺さった鹿の頭と手紙があり、手紙には「誕生日おめでとう。父より」と書いてありました。

その頃大統領は部下の死体をみつけパラシュートに細工がしてある事に気づきます。
そしてついにモリスがふたりの前に現れ、大統領はトランクへ入れられヘリで連れて行かれてしまいます。
その時オスカリはヘリにぶら下がるトランクへ飛び乗り、ナイフでトランクを切り落とします。

ヘリで後を追われる二人、そして最終決戦。
オスカリはエアフォースワンの脱出装置を使い上空へ、モリスの胸に矢を放ちます。矢はモリスの胸に当たりましたが刺さらず弾かれてしまいました。
モリスは銃をこちらに向けます、その時です。

オスカリの矢の衝撃で胸に異変を感じるモリス、モリスはヘリごと落下し大爆発が起こり結末を向かえます。
そして大統領は無事救出されオスカリは父の元へ、そこで大統領はオスカリの父に「彼はとても勇敢でした」と伝えます。
大統領は最後にオスカリと写真を撮り、名誉勲章を受章したオスカリと大統領の写真が山小屋に並ぶのでした。

ビッグゲーム 大統領と少年ハンターの見どころ

見どころはやはり少年オスカリの成長ではないでしょうか。
周りや父からも認めてもらえず悩んでいるオスカリ。大統領との出会いで、オスカリの考え方や行動も変わって行き、少年から一人の男になって行く。
このオスカリの成長して行く姿は、誰もが経験のある事ではないでしょうか。