ヒューゴの不思議な発明(2011年)

2011年に公開されたアメリカ映画「ヒューゴの不思議な発明」、ご覧になった方もいるでしょう。
この作品は、人形が2人を縁で結び、人生を再生する内容のドラマ映画です。
ここでは、「ヒューゴの不思議な発明」のあらすじなどを紹介します。

「ヒューゴの不思議な発明」について

「ヒューゴの不思議な発明」は、2011年にアメリカで公開された映画です。
ヒューゴは、パリ、モンパルナス駅に住んでおり、父の形見でもある自動人形を修理して暮らしていました。

その人形が、2人を結びつけるハートフルドラマとして話題になっています。
監督はマーティン・スコセッシ、出演は、ヒューゴ「エイサ・バターフィールド」、ジョルジュ・メリエス「ベン・クングズレー」、イザベル「クロエ・グレース・モレッツ」、ジャンヌ「ヘレン・マックロリー」、そしてヒューゴの父を「ジュード・ロゥ」が演じています。

「ヒューゴの不思議な発明」のあらすじ

パリ、モンパルナス駅には、たくさんの人たちが行き交っていました
そんな中、少年ヒューゴは、その駅にある時計の裏から、玩具屋を見ていました。
そしてその玩具屋に行き、玩具に手を伸ばしたところ、店主のジョルジュ・メリエスから盗みの疑いをかけられます。

ヒューゴを怪しいと見たジョルジュ・メリエスは、彼のポッケの中身を全部出させました。
そこには、ネジ、歯車、そしてそれらに混じって1冊の手帳もありました。
その内容は、からくりの構造などがぎっしり書かれたものであり、その中を見たジョルジュは亡霊だと呟きます。

そしてそれをどこで手に入れたのか、ヒューゴを問いただそうとします。
しかし、ヒューゴは自分のものだと反論するだけで、後は何も言いませんでした。
この後、ヒューゴの結末はいかに。

2011年に公開された話題作です

「ヒューゴの不思議な発明」、見どころが多く結末も気になります。
この映画は、2011年にアメリカで公開されて話題になりました。
主演のヒューゴと、ジョルジュ・メリエスの駆け引きも楽しみです。