ヒトラーの忘れもの(2015年)

第二次世界大戦では、日本やドイツなどが連合国と戦い、世界中に多大な影響を与えた大戦争で、歴史を動かした戦争でもあります。

特にドイツはヒトラーを中心に軍を展開し、ヨーロッパで諸外国と戦争をしてきました。この映画は、ドイツ降伏後のデンマークが舞台です。

「ヒトラーの忘れ物」のあらすじ

1945年5月にドイツが降伏し、デンマークの海岸周辺でナチス・ドイツが埋めた無数の地雷を撤去するため、若いドイツ兵の捕虜がデンマークに引き渡されました。

彼らはデンマーク軍のラスムスン軍曹のもと、危険な作業に取り掛かります。ラスムスン軍曹はナチスがやってきたことに激しい憤りを感じていましたが、地雷撤去で命を落とす少年兵たちを見て、彼自身に心境の変化が感じられます。

この映画は、戦争がいかに恐ろしいものかを示すものであり、戦争で悲しむ人がいることも示すものでもあり、地雷撤去を通して命の尊さを知ることができます。

「ヒトラーの忘れ物」の見どころと結末

埋められた地雷が爆発するところが、この映画の見どころとなります。最初の爆発は犠牲者の姿はありませんが、2度目の爆発では作業にあたっていたヴィルヘルムの腕がもげるといった、地雷による犠牲が描かれています。

映画では地雷の爆発シーンが6回描かれています。映画ではラスムスン軍曹の心境の変化も描かれています。彼は当初ドイツのことを憎み、少年兵たちも憎んでいました。地雷の撤去が進むと、軍曹の憎しみも地雷と同じようになくなっていきました。

その場面が、最後の少年兵が撤退するところで、軍曹がその一人をボコボコにすることで、地雷と憎しみがなくなったと考えられます。

「ヒトラーの忘れ物」について

戦後のドイツとデンマークの両国において、現在にも影響を与える出来事が描かれています。

地雷を撤去することで悲しさを感じるドイツ、地雷を撤去する人が犠牲になるところを見るデンマーク、双方の負の歴史が今日まで語り継がれていることが、この映画でわかります。

戦争は場合によって、負の遺産を残すことにもなることを、この映画を通して伝えたかったのではないでしょうか。