パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉(2011年)

人気シリーズとなったパイレーツオブカリビアン。見どころであるジョニーデップの海賊ジャックのかっこよさに世の女性たちはとりこになっていますね。いつも結末が気になるところです。そしてあの壮大な世界観と迫力が魅力で話題となりました。今回は、パイレーツオブカリビアン 生命の泉のあらすじと見どころを紹介します。今回も壮大なスケールで描かれています。

永遠の命を求める戦い

生命の泉は永遠の命を手に入れることができるというものです。

生命の泉のありかを発見したという知らせが入ります。イギリスの国王であるジョージ2世は、キャプテン・バルボッサを船長にし、発見したスペイン人の手に渡らないようにします。
その生命の泉の地図をもっていたのはジャックでした。彼は捕まっていましたが、ギブスによって助けられます。一緒に生命の泉へ向かいますがギブスに地図を託しますが、離れてしまいまいます。キャプテン・バルボッサは、ギブスを仲間に入れます。
そのころ、ジャックは昔の知人アンジェリカと再会し、アンジェリカの父である黒ひげの船に乗り込みます。生命の泉を探し求めていくあらすじとなっています。

黒生命の泉の真相

ジャックは2つの銀の聖杯が必要であること、永遠の命を手に入れることなど生命の泉について知ります。バルボッサとジャックはスペイン軍から聖杯を奪います。しかし捕まってしまいます。バルボッサはジャックに聖杯でなく、実は黒ひげを倒すためだと告白します。黒ひげに復讐するためだけに英国軍に入ったというのです。バルボッサが黒ひげを殺そうとしたときに、アンジェリカが助けようとして剣で手をけがしてしまいます。

最後の結末は

アンジェリカがケガした剣には、実は毒が盛られていたのです。このままでは2人とも死んでしまいます。2人にジャックは聖杯を渡します。黒ひげは自分だけが助かろうとしますが、ジャックの作戦でアンジェリカが助かります。キャプテン・バルボッサは黒ひげの船を手に入れます。そして、ジャックはブラック・パール号を取り返すことができました。

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ作品情報