パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち(2003年)

カリブ海を舞台に暴れる、海賊の物語。パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たちは大ヒットとなる海賊映画で、ジャック・スパロウ演じるジョニー・デップの演技が見どころです。これまでになかった海賊映画のあらすじをご紹介いたします。

パイレーツ・オブ・カリビアンメンバー集結

ポート・ロイヤルという港町に住むエリザベスは総督の娘で身分の高いのですが、ウィルに惹かれます。
小さい時に海で救出されたウィルは首に金貨を下げていました。その金貨は海賊のものでバレないように隠しました。その金貨をエリザベスが大切に持っています。2人は、惹かれあいますが、身分の違いであきらめます。

エリザベスは海軍のノリントンと結婚することになり、結婚式の最中にエリザベスは海へ落ちてしまいます。ここで救ったのがジャック・スパロウです。悪さをしにきた海賊ですが追われているうちにエリザベスを救います。救ったので違う結末を期待しましたが、あっさり投獄されてしまいます。

その夜、海賊のキャプテン・バルボッサが現れ町が襲われます。エリザベスは連れて行かれます。
ウィルとジャック・スパロウは手を組んで、海軍の船を奪いエリザベス救出に向かいます。

呪われた海賊たちの秘密

ジャック・スパロウはウィルにキャプテン・バルボッサたちは呪われていて不死身だと言うあらずじ事を伝えます。
キャプテン・バルボッサは呪いを解こうと「死の島」に向います。金貨を返して、盗んだ人の血で呪いが溶けます。金貨を盗んだ者の中にウィルの父親もいました。
ジャック・スパロウとウィルがエリザベスを救出しますが今度はウィルが捕まります。

ジャック・スパロウとエリザベスは無人島に置き去りされるが、ノリントンが助けにきます。エリザベスは「死の島」にウィルを助けにいきます。
敵の味方をしたり裏切ったりするジャック・スパロウ身のこなしは見どころです。

ジャック・スパロウが撃った銃とウィルの血で呪いがとけてキャプテン・バルボッサを倒します。
ハッピーエンドと思いきや、ジャック・スパロウ残念な結末になります。

ジャック・スパロウはノリントン率いる海軍に捕まり、絞首刑にされます。
しかしそこに、ウィルとエリザベスが助けにきます。

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ作品情報