パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト(2006年)

大ヒットを記録したパイレーツオブカリビアンシリーズの第2弾、全世界で興行収入1位のヒット作、デッドマンズチェストです。ウィルとエリザベスは結婚前でジャックも船を取り戻して平和な日々を送っていたところ、予期せぬ展開になります。
そんなデッドマンズチェストの見どころとあらすじをご紹介いたします。

ウィルとエリザベスにおきた悲劇

東インド貿易会社の欲深いベケット卿の陰謀で、ウィルとエリザベスは逮捕されます。さらに、海軍のノリントンも逮捕状がでていましたが行方不明になっています。容疑は、ジャックの逃亡に加担したということです。しかし、ベケットの本当の狙いはあるコンパスです。自分の欲しいものの方角を示すコンパスです。ウィルに、これをジャックから奪うという取引をします。ジャックとお友達のウィルは、コンパスを渡すかわりにある鍵を探す手伝いをします。

100年間、奴隷になるジャック

ジャックがコンパスを渡してまでも欲しい鍵の秘密は、デイビー・ショーンズとの契約にあります。
そうなったあらすじは、ブラックパール号の船長になるかわりに、契約をすぎるとデイビー・ショーンズの船で100年間働くとい結末です。これが嫌なジャックは鍵をみつけてあるものを手に入れ、その契約から逃れることです。あるものとは、デイビー・ショーンズの心臓です。デッドマンズチェストですね。

しかし、そう簡単にはいきません。密かに船に乗り込みましたが捕まります。デイビーから3日以内に100に船員を集めれば、契約をなかったことにしてもいいといいます。ウィルを人質としてジャックは船員を探しに行きます。ここからは見どころ満載です。
パイレーツファンにとってはテンションが上がります。
ジャックが募集をかけると、元海軍で指名手配中のノリントン、エリザベス、バグスがきました。

そのころウィルが鍵を手に入れてクルーセ島に行きまます。デイビーもジャックたちもこの島に向います。箱はジャックが手に心臓を取り出し瓶に隠します。しかし、ノリントンに奪われます。ジャックはエリザベスに手錠でつながれて巨大たこに飲み込まれてしまいます。ジャックは死んでしまったのか?結末はパイレーツオブカリビアン3作目に続きます。

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ作品情報