バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年)

「バードマン」というと、テレビコマーシャルなどでもよく見かけます。
映画では人気のあるキャラクターですが、2014年に製作された「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」も話題を呼びました。

日本でも公開されましたので、映画館で鑑賞した人も多いはずです。
ここでは、この映画のあらすじ、見どころ、結末などを紹介します。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」について

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」はアカデミー賞作品賞をはじめ、監督賞、脚本賞、撮影賞など、多くの賞を受賞した作品として知られています。
世界でもナンバーワンの話題作と言われるほど、人気のある作品です。
2014年にアメリカで製作され、日本では2015年4月10日に公開されました。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のあらすじ

リーガン・トムソンは、以前、あの「バードマン」という人気映画のスーパーヒーローを演じた人気俳優でした。
しかし、シリーズが終わって以降、20年もの間、ヒット作にも恵まれることはありませんでした。

そのため、仕事や家族も失うことになってしまいました。
リーガンは起死回生を目指し、レイモンド・カーヴァーの短編小説である、「愛について語るときに我々の語ること」の作品を舞台用に脚色します。

そして、自身の演出と主演によって、ブロードウェイの舞台で活躍することを誓うのでした。
そんな中、本公演前に1人の俳優がケガで降板してしまうアクシデントに見舞われます。
その代役に、ブロードウェイで活躍していたマイク・シャイナーが抜擢されましたが、そのマイクの才能にリーガンは徐々に追いつめられていいきます。
この後のリーガンの活躍が見どころです。

オススメの作品です

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、最初から結末まで感動する場面がたくさんあります。
まだ見てない方は、この機会にぜひご覧になってみてください。