バトルフロント(2013年)

「バトルフロント」は、2013年に公開された映画です。
主演はアクションスターとして有名なジェイソン・ステイサムが演じているため、格好いいアクションシーンも見どころです。

娘を守るために戦う最強の父親のアクション映画「バトルフロント」のあらすじ、見どころ、結末について簡単に紹介します。

バトルフロントのあらすじについて

主人公の麻薬潜入捜査官のフィルは、一人娘のために、危険な任務から離れて、亡き妻の田舎で再出発を決心します。
しばらくは静かで幸せに父娘で暮らしていましたが、娘が学校でトラブルに巻き込まれ、町の裏社会で力を持つゲイターに目を付けられてしまいます。

ゲイターは麻薬密売人で、過去にフィルによって破滅させられ恨みを持つ麻薬組織を手を組み、父娘の命を狙います。
娘の命を狙ってくるゲイターに対して、フィルはたった一人で立ち向かっていきます。

 

バトルフロントの見どころと結末について

舞台が田舎町なので、地味になりがちと思いきや、爆破シーンや力強いアクションシーンは、迫力満点で見どころだと言えます。

1対大多数なのに、余裕で勝ってしまう圧倒的なフィルの強さが格好いいです。
そんな圧倒的に強い父親を演じているジェイソン・ステイサムはアクション能力が高く、スタントマンを使わない事で有名です。

だからこそ、アクションシーンも見事に演じ切り、観客も感動するのでしょう。

結末は、たった一人で娘を守り切り、敵のゲイターを倒します。
そして過去にフィルが破滅させた麻薬組織のボスのいる刑務所へ向かい、ボスと面会し「外で待っている」と捨て台詞を吐いて終わります。

実はこの映画、製作と脚本は俳優のシルベスター・スタローンです。
もともとバトルフロントの主演も務めるはずでしたが、ジェイソン・ステイサムと共演にその才能に惚れ込んだ事で、
主演を譲った事でも話題になった映画です。

そのためシルベスター・スタローンとジェイソン・ステイサムの夢のタッグが実現する事が出来ました。