バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年)

1990年に公開されたバック・トゥ・ザ・フューチャーPART3は、バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2の続編となっており、1885年に飛ばされてしまったドクを救うために、マーティは1955年のドクに力を借りて西部開拓時代へと旅立ちました。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3のあらすじと結末

1955年にマーティは取り残されますが、ドクが1885年に飛ばされたと知り、1955年のドクに助けを求めました。実は、1885年に飛ばされたドクが、悪党であるビュフォード・タネンによって殺されることを知って、マーティはドクを救うために西部開拓時代である1885年に旅立ったのです。

1885年に飛び立つものの、インディアンに襲撃され、タネンによって殺されかけたりしますが、その時に助けに現れたのがドクでした。2人はタイムマシーンで元の時代に戻ろうとするも、燃料を全て使い果たしていました。そこでドクは、機関車の力を使って元の時代に戻ることを考えました。

その時に、クララ・クレイントが暴れ馬によって危機に晒されているのをドクが見かけ、彼女を助けたことで一目惚れをしました。その後も、ドクとクララは更に仲を深めましたが、そこに現れたタネンがマーティに決闘を挑んできました。

決闘の前に未来へと帰りたい思ったマーティですが、クララに別れを告げられやけ酒状態となっていたドクが捕まってしまい、決闘をしなければいけなくなりました。最後はタネンを気絶させることに成功し、保安官によって取り押さえられたことで、無事にマーティとドクは機関車へと向かうことができました。

しかし、そこにクララが現れて2人と共に未来へと行くことを決意したのですが、ドクとクララが機関車から落ちてしまい、マーティだけが元の時代へと戻りました。タイムマシーンも大破して、もう2人を救うことができない状態でしたが、そこに機関車が現れました。そこには、ドクとクララと2人の息子がいました。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3の見どころ

第一作と同じく、今回も過去の世界が舞台となっていますが、西部開拓時代ということもあり、アクション要素も多くなっていることから、より迫力感も増した作品となっています。

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ作品情報