ハリー・ポッターと賢者の石 (2001年)

ハリーポッターと賢者の石のあらすじをここでは見ていきましょう。あらすじだけでなく見どころや結末も紹介しますので、これから見るのであらすじを知りたくはない、見どころはいいけれど結末はちょっと、という人は注意です。

ハリーはどんな境遇だったのか

ハリーポッターは孤児でした。母は亡くなったので、亡くなった母の妹のペチュニアおばさんと、その夫であるバーノンおじさん、その二人の息子のダドリーという三人が暮らす家に引き取られる事になりました。ハリーはこの三人に、常に抑制されたような生活をしていたので、大変惨めな生活をしていました。ハリーの部屋は階段の下で、物置同然の部屋がハリーの部屋でした。夫婦からしてみれば甥にあたるはずですが、まるでそれは使用人みたいにして扱われていたのでした。

ホグワーツ魔法魔術学校に入る事に

11歳の誕生日、ハリーは手紙を受け取ります。ホグワーツ魔法魔術学校の入学許可証が入っていました。ハリーの両親は実は優れた魔法使いだったのです。そして何故死んだのか、それは悪の魔法使いであるヴォルデモートと戦った結果死んでしまったというのです。そのためにハリーは孤児になったのですが、実は魔法業界ではハリーは有名人でした。ホグワーツへ出発し付いた彼らを待っていたのは立派な魔法使いになるための厳しい修行と厳しい勉強でした。

学校生活と賢者の石

学校生活の中で一番大変なのは意地悪な先生スネイプでした。ハリーは同級生のハーマイオニー、ロンと仲良くなったのですが、先生が禁じていたろうかに隠された何かを盗もうとしていると先生から疑われていました。その何かが賢者の石だということを知ります。この石はどんな金属も黄金になって、飲めば不老不死になる命の水ができるということでした。

クィレルは一体

賢者の石を盗もうとした先生の後をついていくと、そこにはクィレルがいました。これはヴォルデモートを憑依させている存在でした。ハリーの体に触れるとやけどを負ったために、ハリーを殺さずに死亡したのですが、ハリーたちは、それから悪の手から守って、ロン、ハーマイオニーたちは成績優秀で1年間の修行を終えて列車に乗って家に帰るのでした。

ハリー・ポッターシリーズ作品情報