ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

ハリーポッターシリーズの五作目は不死鳥騎士団です。ここではあらすじとともに、見どころ、結末も紹介したいと思います。あらすじ、見どころ、結末が書かれているのでネタバレはしたくはないという人は注意してくださいね。

ハリー、除籍通知される?

ハリーはホグワーツ魔法魔術学校の五年生になるのを今か今かと待ちわびていました。夏休みに路地を歩いていたハリーとダドリーは突然現れた吸血鬼に襲われてハリーは魔法で窮地を抜けるのでした。友達のロン、ハーマイオニーからも何の連絡もないと待っているハリーですが、やっと一通の手紙が届いたのですが、それはロン、ハーマイオニーからの連絡ではなくて、ホグワーツからの除籍通知だったのです。

除籍の理由

なぜ除籍されることのなったのか、それはホグワーツの場所以外のところで魔法の使えないマグルの前で魔法を使ったことにありました。しかしハリーが魔法を使ったのはやむなく吸血鬼から身を守る為でした。ハリーはその事を伝えたいのですが、自己弁護できるのは魔法省での尋問会だけでした。コーネリウスが形式的に開くその時を待つしかありませんでした。コーネリウスは、ハリーの永久追放を考えていたのですが、ホグワーツの校長のおかげで正当防衛で魔法を使ったことが認められて無罪になりました。

不死鳥の騎士団が結成される

魔法界に住む人はヴォルデモート卿が復活する話はハリーの作話だと思っていてハリーの人格を疑います。ハリーはロン、ハーマイオニーに説得を受けて学校の中の有志を集め、ダンブルドア軍団を作って闇の魔術から自分たちを守る方法を会員に伝えるのでした。ダンブルドアもヴォルデモート卿に対抗するために秘密同盟の不死鳥の騎士団を作ります。しかしヴォルデモート卿もハリー抹殺を図るために有志を募っていました。

戦いの場所

ハリーはシリウスが拷問を受ける夢を見ます。ハリー、ロン、ハーマイオニーやその他の仲間たちと一緒に夢の中に出た魔法省の神秘部にいて12個の部屋、謎の石の橋の部屋、時計の部屋をめぐって、武器である予言を発見します。そこでその予言を手にしたい死喰い人との戦いを繰り広げますがなんとか勝ちました。そしてヴォルデモート卿復活は本当だと知ったハリーは友達に励まされながら新たな敵との対決を決意してダーズリー家に戻るのでした。

ハリー・ポッターシリーズ作品情報