ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

ハリーポッターシリーズの第三シリーズ、アズカバンの囚人のあらすじや見どころを紹介します。結末まで書くので、結末は知りたくはないという人は注意です。あらすじ病みどころを知った上で映画をこれから見たい人におすすめです。

ダーズリー家から抜け出す

ハリーは13歳になりました。今年の夏休みも、あの劣悪な一家ダーズリー家と一緒に過ごさなくてはいけなくなりました。そこに更に最悪なことに、バーノンおじさんの妹のマージが来るのですが、この妹も意地悪なのです。おばのマージはハリーのことを嫌い辛くあたって仕打ちしてきます。そんな態度にハリーは我慢できなくなってマージを風船みたいにして空に飛ばしてしまいます。魔法界以外の場所で魔法を使うことはホグワーツでは学生に対して禁止しています。魔法省から怒られると思ったハリーは闇に乗じて家から脱出して、夜の騎士バスに拾ってもらいました。

シリウスブラック

ハリーは派手な色の三階建てバスに乗って、居酒屋に到着します。そこには魔法省のコーネリアスがいました。規則を破ったハリーを怒る事なく、ホグワーツに戻るまでは居酒屋で一晩過ごすようにと説得します。コーネリアスがハリーを引き止めた理由は魔法界の要注意人物として知られているシリウスブラックがいたからです。謎の魔法使いのシリウスグラックはアズカバン監獄から逃げてハリーがどこにいるのか探しているのだとか。実はハリーの両親を殺した本人だったのです。そして今度はハリーの命を狙っているのです。

真犯人のピーターベディグリュー

ホグワーツで生活するのは三年目でロン、ハーマイオニーとも再会して新しい仲間との生活も始まっていました。しかし実はハリーの両親を殺したのはシリウスではなくて、真犯人はピーターペティグリューだったことを知りました。

シリウスを助ける

シリウスは監禁されて死刑以上の敬の吸血鬼の接吻を受けるところでした。逆転時計を使ってロン、ハリーとハーマイオニーたちは、時間をさかのぼってなんとかしようとするのですが、ピーターを逃したために、シリウスの無実は証言できず、ルーピンも狼人間だということをスネイプに暴露されたので辞職する事になります。ハリーは失敗に終わって暗い気持ちだったのですが、列車の中でシリウスから手紙をもらってハッピーな気分になるのでした。

ハリー・ポッターシリーズ作品情報