ナイトミュージアム(2006年)

ナイトミュージアムは2006年に公開されたアメリカの映画です。
子供から大人まで楽しめる作品として評判も高く、いまだに「見続けている」というファンも多いのです。
そんなナイトミュージアムのあらすじから結末においてまでここではチェックしていきたいと思います。

簡単なあらすじをチェックしてみよう

ラリーはどこか落ち着掛けることが出来ない性格。
職業においてもそれがあだとなってしまいなかなか腰を据えることが出来ずにいました。
そんなときにあっせん所の職員が紹介したのが誰もが断る「自然史博物館」の夜間警備員でした。

その博物館は摩訶不思議。
夜になると展示品が動き出すというのです。
さまざまな出来事に遭いながらもラリーが深みある人間として成長していくのです。

見どころポイントについてご紹介

子供から大人まで楽しめる映画となっているのですが、いわゆる「ヒーロー」のようなタイプではない主人公だというところが見どころといえるでしょう。
たとえば、人に聞くこと・本を読んだり博物館内の展示物について勉強をし知識を得ること。
そう、彼は自らの力で解決しようと努力をするのです。
決して派手ではないけれど努力をすることの大きさそして大切さを学んでいただけるかと思います。

きになるナイトミュージアムの結末とは

結末に関してですが、ラリーの頑張りの「波紋」が及ぼす影響力という点に注目をしていただきたいと思います。
仕事としてのラリーの姿勢と周りの目に映るラリーという人間そのものの姿は必ずしも同一ではないという事なのです。
本当に人の心を動かす源となるのは果たして「業務をしっかりとこなすことなのか」それとも「懸命に神経に向き合う姿」なのかという点を考えさせてくれる結末となっているのです。

子供に見せたい映画

大人が好む映画と子供が好む映画は異なるといわれがちですが、こちらの作品はぜひともご家族全員で見ていただきたい映画となっています。
もし、お子様に見せたい映画を探しているという方は手に取ってみてはいかがでしょうか。

ナイトミュージアムシリーズ作品情報