ナイトミュージアム2(2009年)

2006年に公開されたナイトミュージアムの続編となっているのがこの「ナイトミュージアム2」となっており、2009年アメリカの作品です。
大人気のファンタジー映画は、前作同様に自然博物館の展示物が動き出したが今回の舞台やあらすじ・結末などはどのようなものになっているのでしょうか。

ナイトミュージアム2のあらすじについて

前作で騒動と称賛をあびたラリーは親子関係を修復し、何と自分の会社を立ち上げるまでになっていました。
世界一の規模を持つスミソニアン博物館の倉庫が今回の舞台です。
この舞台で様々な展示物と再び戦うこととなったラリー。
前作よりもさらに難解ながらも平和をめざす姿と改めて抱く思いについて描かれている映画となっているのです。

見どころポイントを確認してみよう

見どころはさらに大きくなったラリーの姿です。
展示物たちの野望を打ち砕くために奮闘する姿は必見といえるでしょう。
リンカーンやオクトパスさらにはアインシュタインなど今でもその名前を知っているという人たちも多い人物たちも出てきますのでそれらを楽しむというのも良いのではないでしょうか。
前作とまた少し違う「取引」などのシーンも盛り込まれており、これもまたラリーの成長の姿ではないでしょうか。

結末について触れてみよう

会社を立ち上げたラリーの進むべき道にまずは注目してみましょう。
経営者として日々忙しくしていたラリーではありましたが、再び博物館での仕事を経て得た気持ちや信念というものについては感動さえ覚えていただけることでしょう。
本当に大切なものとは・本当のやりがいとは何なのかを思わず考えてしまうような結末となっているのです。

本当の道とはどこにあるのか

毎日ただ日常を送っている。
そんな毎日にやりがいを見いだせないという方に心にしみる作品となっています。
ラリーの成長は「結果」がすべてではありません。心から何を思うのか。それに触れることによって気づかされることも多いのではないでしょうか。

ナイトミュージアムシリーズ作品情報