ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年)

2004年に作られたドーン・オブ・ザ・デッドという映画は、アメリカで作られたゾンビ映画なのですが、実は1978年に作られたゾンビという映画のリメイク版になっています。登場人物には違いがあるのですが、あらすじは比較的似ていると言えるでしょう。

いきなりゾンビが登場

ドーン・オブ・ザ・デッドは、いきなりゾンビが登場する場面から始まります。主人公はアナ・クラークという看護師で、夫はルイス・クラークです。朝起きるといきなり近所に住んでいるヴィヴィアンがキズを負って立っており、駆け寄ったルイスがゾンビ化したヴィヴィアンに首を噛み切られてしまいます。

アナは何とか脱出に成功するのですが、いきなり夫を失いながらも、必死に逃げるというところが見どころだと言えるでしょう。脱出したのはよいのですが、街中にはゾンビが人間を襲うというとんでもない光景が広がっていたのです。アナは必死に車で逃げようと試みます。

謎のウイルスが蔓延

ゾンビ化した夫であるルイスを振り切るために、必死に逃げるアナですが、まだアナはウイルスのことに気が付いていませんでした。いきなりゾンビが出てくる辺りは、人気ゲームのバイオハザードにもよく似ています。しかもウイルスはどんどんと蔓延していくのです。そして原作でもあるゾンビと同じように、ショッピングモールへとたどり着くのです。

アナは戦闘員ではないので、戦闘を切ってゾンビたちと戦うということはせず、負傷者の手当てなどを積極的に行います。このような点も見どころでしょう。アナが脱出をしてからすぐ、警察官であるケネス・ホールと出会うのですが、このケネスが最初に会った生存者です。ケネスは積極的にゾンビたちと戦い、みんなを守ろうとします。

アリーナから島へ脱出

ショッピングモールから脱出して、生存者たちはアリーナへと向かいます。アリーナから船に乗り込み、出港しようとしたときに仲間のマイケルが自害して、残った人たちで島へ行くというのがドーン・オブ・ザ・デッドの結末です。

ゾンビ映画作品情報