ダイ・ハード3(1995年)

ダイ・ハード3は1995年に公開された映画作品で、ダイ・ハードシリーズの第3弾です。第1弾は高層ビル、第2弾は空港が舞台となっていましたが、本作はニューヨーク全体が舞台となっています。

本作の主人公はおなじみのジョン・マクレーンで、テロリストと戦う武闘派なところが注目ポイントです。これからダイ・ハード3のあらすじについて簡単に説明していきます。

ジョン・マクレーンが指名される

ある日ニューヨークで爆破テロ事件が起こります。今までのパターンであればたまたまその現場に居合わせてジョン・マクレーンがテロリストと戦うということですが、今回はサイモンという犯人が直接ジョン・マクレーンを指名してきます。

ここである指定をしてきます。ニューヨークの黒人たちが住むハーレムのど真ん中で、プラカードをぶら下げます。そこで黒人たちに殺されかけますが、ゼウスに助けられて、テロリストを倒すために2人は行動を共にします。

サイモンは2人に対してあれこれと要求を出していく

これ以降も2人に対してサイモンはあれこれと要求を出していき、アクションシーンだけでなく謎解きという要素も加わっていくところが見どころになります。

実はジョンは偶然ではなく必然にゲームに参加していて奔走させられます。犯人の男性は第1作目のテロリストの首謀者であるハンスの兄だということが分かりました。

サイモンはジョンに対してクイズがしたいというわけではなく、警察たちの目をそらすためにそういう謎解きをしていたわけです。

謎解きをしている家庭でだんだんジョンもサイモンが何を目的にしているのかが分かってきます。そこでサイモンたちテロリストのアジトを突き止めて、うまい具合にサイモンを仕留めることができました。

謎解きとアクションシーンが必見

ダイ・ハード3はアクションシーンがすごいのは言うまでもありませんが、今回は謎解きの要素も加わっていますので、面白さが倍増しているのではないでしょうか。事件が解決して最終的にはハッピーエンドな結末でした。

ダイ・ハードシリーズ作品情報