ゾンビ(1978年)

1978年にゾンビという映画が上映されていました。名前の通りにゾンビに襲われて逃げるというストーリーになっているのですが、ホラー映画が人気だったこともあり、ゾンビも大ヒットした作品の1つだと言えるでしょう。

都市からの脱出を計画

ゾンビの主人公は、ピーター・ワシントンという人物です。アメリカで突然死体が蘇り、生きている人間を襲うというところから始まります。ゾンビに噛まれてしまうことで、噛まれた人もゾンビになってしまうのです。この点はキョンシーと一緒だと言えるでしょう。テレビ局に勤務しているフランシーン・パーカーと、恋人のスティーブン・アンドリュースは都市から脱出を試みます。

一方でスティーブンの友人であるロジャー・デマルコは、ゾンビと激しい戦闘を繰り広げるのですが、この戦闘シーンも見どころの1つだと言えるでしょう。その後で主人公のピーターやスティーブンと共にヘリで逃げ出し、ショッピングモールへとたどり着き、また戦闘に巻き込まれてしまいます。

ゾンビの大軍と連戦

ゾンビという映画は、やはりゾンビとの戦闘がメインであると同時に、仲間を失ってしまうという悲しい場面が存在するところも見どころでしょう。特にショッピングモール内の戦闘はとても激しくなっています。ショッピングモールには食料などの物資もあるので、長期戦になってしまうのです。

しかもゾンビだけではなく、略奪者まで乱入するというあらすじになっています。三者三様の戦闘を繰り広げていき、まずは略奪者を撃退することに成功します。しかも略奪者を撃退できたのは、彼らがゾンビに襲われていったからだと言えるでしょう。それから再びピーターたちはゾンビとの激闘を繰り広げていきます。

最後は仲間の犠牲の上にヘリで脱出

ゾンビという映画の結末は、仲間であるスティーブンがゾンビになり、そのゾンビをピーターが倒して脱出することになっています。ピーターとフランは助かり、そのままヘリで脱出をします。

ゾンビ映画作品情報