ソウ(2004年)

「ソウ」は2004年に公開された映画です。
密室で起こる殺人ゲームに、公開当時は非常に話題になったため、観た事がある人も多いかもしれません。
では「ソウ」のあらすじ、見どころ、結末について紹介します。

「ソウ」のあらすじについて

2人が目を覚ますと、そこは古びた浴槽で、彼らの足には足枷がついていて、鎖で繋がれていて身動きが出来ない異常な状態でした。1人は写真かのアダム、もう1人は医者のローレンス・ゴードンです。

そして部屋の真ん中には死体があり、死体はテープレコーダーと拳銃を握っていました。
訳が分からない2人は、テープを再生すると、テープの中身は、6時間以内に相手を殺す事が出来なければ、2人とも死に、さらにローレンス・ゴードンの妻子も殺すという内容でした。

2人は部屋にあったノコギリを使って、足枷の鎖を切ろうとしますが切れません。
医者であるローレンス・ゴードンは、ノコギリは鎖を切るためではなく、足を切るためにあるのだと悟ります。

そしてこの状況はジグソウゲームのようです。
ジグソウゲームとは、トラップを仕掛けて脱出させるゲームの事で、アマンダという女性がゲームに勝って帰還した女性です。

ローレンス・ゴードンの元に妻子を監禁しているゼップから電話がかかってきます。
電話口では妻子の苦しむ声が聞こえてきます。

ですがその後妻子は警察に助けられ、ゼップはその場から逃げます。
妻子は助かった事をゴードンに伝えたくても、電話が通じずに伝える事が出来ません。

妻子が助かった事を知らないローレンス・ゴードンはその声を聞き、半狂乱となり、自分の足をノコギリで切断し、死体の銃をとりアダムに発砲します。
ですが弾はアダムの肩にあたり倒れます。

その時逃げてきたゼップが侵入し、ゴードンを殺そうとしますが、アダムがゼップを殺し、ゴードンが部屋の外に助けを呼びにいきます。

殺されたゼップがテープを所有していたので、テープを再生すると、ゴードンの妻子を殺さないと自分自身が殺されるという内容でした。つまりゼップ自身も脅されていたのです。

その時、部屋の中央の死体が動き立ち上がります。
死んだふりをしていた彼こそ、ジグソウゲームの主催者であるジョン・クレイマーという男で、「ゲームオーバー」と宣言し、浴槽から出て行きます。

ソウシリーズ作品情報