セッション(2014年)

2014年に公開されたセッションは、天才ドラマーであるアンドリューと、鬼教師であるフレッチャー教授との対決を描き、お互いに激しくぶつかり合うものの、最終的には分かち合うといったストーリーとなっています。

セッションのあらすじと結末

主人公であるアンドリュー・ニーマンは、19歳にして天才的なジャズドラマーであり、アメリカ最高峰の音楽学校であるシャッファー音楽学校に進学しました。偉大なドラマーを目指すべく、夢に向かって練習に励んでいましたが、やはり大学生でもあることから恋愛にも憧れており、映画館に働いているニコルに一目惚れをして交際をすることになりました。

しかし、鬼教師として知られるフレッチャー教授の指導によって、アンドリューは練習に専念することになって、ニコルを一方的に振ってしまいました。猛烈なしごきを受けながらも、アンドリューは何とか主奏者の地位を勝ち取ることができました。

ところが、大会の当日に車で事故を起こしてしまい、全身が血だらけになるもドラムの前に座って演奏をしました。しかし、そんな状態で上手く演奏できるはずもなく、フレッチャー教授にクビを宣告されてしまいました。それに逆上をしたアンドリューは、教授に掴みかかって退学処分になってしまいました。

その後、ドラムをやめたアンドリューでしたが、とあるジャズバーでフレッチャー教授がピアノを弾いているのを目にしました。教授は音楽院をクビになってしまい、そのことをアンドリューに告げた後で、ジャズフェスティバルに一緒に出てほしいと言われました。

アンドリューはそれに応じて、再びドラムへの情熱を取り戻しました。しかし、それはフレッチャー教授による罠であり、アンドリューへの復讐が目的だったのです。楽譜も演奏曲もデタラメで、それでもアンドリューは必死に叩き続けて、演奏を見事に成功させました。教授は満足な笑みを浮かべて、この瞬間に初めて二人は分かち合いました。

セッションの見どころ

音楽をテーマにした作品ではありますが、アンドリューとフレッチャー教授の対決が大きな見どころであることから、ある意味ではアクション映画とも言える作品となっています。