スーサイド・スクワッド (2016年)

スーサイド・スクワッドのあらすじについて案内しています。最近の映画作品の中では、特に異色な作品として注目されることが多い作品でもあるので、なぜ、このような人気が存在するのかをまとめて案内していきます。

スーサイド・スクワッドの魅力

映画作品のすべてに言えることですが、作品のほとんどはあらすじの部分に魅力が集中しています。スーサイド・スクワッドもその中の1つなのですが、スーサイド・スクワッドはダーティーな世界観でまとまっている作品です。

なによりも魅力的なのは、ハーレクインやデッドショットの存在にあります。これは、スーサイド・スクワッドのあらすじの中でも有名ですが、結末まで見ていただけると見どころが多い作品であったと感動できるでしょう。

というのも、スーサイド・スクワッドの視点はヒーローではなく、ヴィランと言われている悪党、悪役の視点になっているからです。そのため、デッドショットの激しい戦闘シーンを見ると、それだけで、スーサイド・スクワッドを見て良かったという気持ちになれるほどです。

スーサイド・スクワッドの見どころ

見どころは、なんといっても善人、悪人が描かれているところにあります。善人は悪人に厳しいだけでなく、自殺部隊を組織することで組織の運用を図ろうとするのです。

善人とは名ばかりと思ってしまいますが、それほど、スーサイド・スクワッドは過酷な世界観をまとめている作品なのです。また、協力して多くのものが生き残るのではなく、1人、また1人というふうに、人が少しずつ死んでしまうシーンも細かく描かれている作品となっています。

新しい価値観を得られる作品

スーサイド・スクワッドを見ることで、新しい価値観を得られるかもしれません。そして、自分の中に存在する良性に気づけるかもしれません。

それほど、スーサイド・スクワッドはダーティー、ディープな世界観を上手くまとめているのです。さらに、スーサイド・スクワッドには人気キャラクターが多く出演しているので、ヴィラン好きにはたまらない作品であるとも言えます。