スラムドッグ$ミリオネア(2008年)

2008年に製作された「スラムドッグ$ミリオネア」、そのあらすじが気になる人も多いのではないでしょうか。
この映画は、インドの貧困層に陥った少年が一攫千金のチャンスを掴む場面や、その裏にある彼の幼少期の人生を見ることができます。
「スラムドッグ$ミリオネア」は、見どころ満載の作品です。
ここでは、あらすじなどを紹介します。

「スラムドッグ$ミリオネア」について

まずは、映画で活躍している出演者を紹介します。
主な出演者は、ジャマール・マリク、プレーム・クマール、警部、サリーム・マレク、ラティカーたちです。
「スラムドッグ$ミリオネア」は、2008年に制作されたイギリス映画であり、あるインドの少年が掴んだチャンスと、その裏に潜んでいた彼の幼少期の人生が細かく描かれています。
インド人の外交官、ヴィカス・スワラップの小説である、「ぼくと1ルピーの神様」をダニー・ボイルが映画化しました。
第33回のトロント国際映画祭観客賞や第66回ゴールデングローブ賞作品賞、また、第62回英国アカデミー賞作品賞などを受賞しています。

「スラムドッグ$ミリオネア」のあらすじ

18歳になったジャマールは、ある日、警察から監禁されて拷問を受けていました。
彼の容疑は詐欺罪であり、彼のインチキを暴くために、警部はジャマールを厳しく問い詰めます。
彼はインドのスラム街で生まれ育ったことから、毎日の生活にも困っていました。
そんな彼がある時、テレビの人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演することになりました。
ここで彼は難解な問題を次々にクリアし、ついに、1000万ルピー獲得のチャンスを掴みます。
あとは最終問題ですが、何と、ここで時間がきて番組は終わります。
彼が賞金を獲得したのか、結末がとても気になるところです。

結末が楽しみな映画です

2008年に公開された「スラムドッグ$ミリオネア」、日本でも同じ番組があったのでご存じの方もいるでしょう。
見どころ満載の作品ですが、やはり続きが気になります。
作品に登場する出演者の展開が楽しみです。