スポットライト 世紀のスクープ(2015年)

映画ファンの中には、定期的に映画を鑑賞している人も多いことでしょう。
映画は日本だけでなく世界中で人気があり、その中には感動するストーリーも少なくありません。
人気がある映画も様々ですが、その中で人気があるのが、トム・マッカーシー監督の「スポットライト 世紀のスクープ」です。
ここでは、映画の見どころ、あらすじ、結末などを紹介します。

「スポットライト 世紀のスクープ」について

話題の映画「スポットライト 世紀のスクープ」は、2015年にアメリカで制作されました。
監督は、「カールじいさんの空飛ぶ家」の原案者である、トム・マッカーシーです。
また、主演は、「アベンジャーズ」のハルク役でおなじみのマイク・ラファロです。
トム・マッカーシーとマイク・ラファロ、この2人、日本でも人気のある作品に出演していますのでご存知の方も多いことでしょう。
この人気コンビが手掛けた作品ということもあり、日本でも話題になりました。

スポットライト 世紀のスクープ」のあらすじ

この作品は、2001年のアメリカ、ボストンが、映画の舞台になっています。
とあるアメリカの新聞会社「ボストン・グローブ」は、新しい記者であるマーティ・バロンを採用します。
そこでマーティは、ウォルター・ロビンソンリーダの、「スポットライト」チームに入りました。

小さいチームですが、チームは出版報道のため、何カ月という時間をかけて独自調査を行います。
マーティはある時、カトリック教会司祭の性的虐待に関する隠蔽の記事を読み、スポットライトチームでの調査を提案します。

この提案がきっかけになり、少数チームのスポットライトは、キリスト教の派閥の一つである「カトリック教会」事件の真相を追求していきます。
どのような結末になるか、とても楽しみです。

少数チームのスポットライトの活躍が楽しみです

トム・マッカーシー監督の「スポットライト 世紀のスクープ」、みなさんはもうご覧になりましたか?
少数チームのスポットライトの活躍が見物であり、ハラハラドキドキの展開を十分に満喫できます。